元脱毛サロン店長が教える!全身脱毛の脱毛機械の裏事情!

脱毛サロン選びの際、機器の違いって意識してますか?

ひと昔前まではとても考えられなかったぐらいのリーズナブル価格で契約できるようになった最近の「全身脱毛」。
不思議なもので、最初は「ワキぐらいはやっておかなくちゃ!」程度のノリでワキ脱毛を始めたら、「やっぱり脚もしたい」「腕もしたい」「今度は背中も気になる!」となり、だったらいっそのこと「全身脱毛したい!」という気持ちになってしまうのが「脱毛マジック」です。

そこで今回はみなさんが脱毛サロン選び、コース契約をされる際に最も重要視する価格差が起こる理由の1つである「脱毛機械の種類とその差」について元脱毛サロン店長の私が業界の裏事情をとくとお教えします!

 

脱毛サロンに料金差は機械の種類にあり

いざ「全身脱毛」の事を調べると、サロンによって回数条件も違うし、料金も違うし….一体何がどう違うの?とわからなくなってしまいますよね。
脱毛サロンの料金差はどういった基準で決まっているのかというと、

1.サロン立地の地代
2.全国チェーン店ゆえの信頼度に対する料金設定
3.広告費
4.施術スタッフ・サロンスタッフ育成にかける費用
5.脱毛機械のランニングコスト
6.コース1回あたりの施術時間

以上が関係しています。

1.~4.はどのような業種のお店にも共通するような項目ですが、ここで注目したいのは、
5.脱毛機械の種類
6.施術時間
についてです。

ちなみにこの2点、あまり気にしてない方も多いのでしょうか。
ただし、冒頭で述べたとおり、価格差が起こる理由は「脱毛機械の種類の差」でもあるのです。
次章でこの脱毛機械の種類について詳しく解説していきますね。

 

脱毛機械には大きくわけて2種類ある!

皆様の脱毛施術を行う為に使用している脱毛機。現在の脱毛サロンが採用している機械は光脱毛=IPL脱毛という方法で行われることが主流であることは、周知の通りです。
この光脱毛の機械はざっくり分けると以下2種類になります。

 

水冷式脱毛機

この種類は書いて字のごとく、「水の力」で動いている脱毛の機械のことです。
水冷機は脱毛の機械の中に専用の冷却水(水道水ではありません)を貯蔵する箇所があり、その冷却水が中のパイプを通して機械を動かしています。機械から発する強烈な熱量をお水で冷ましながら脱毛照射をしていく機械です。

脱毛機の出力は「冷やしながら」照射をしないといけない構造になっているため、お水の方がよく冷えるのです。この為、水冷式機械は、照射スピードが空冷機械に比べると早いものが多いのも特徴です。
水のタンクで動かす構造の為、おのずと機械の大きさは大型機になり、脱毛機自体もより高価になります。
脱毛の体験に行ったことのある方はご存じかもしれませんが、水冷式の種類の照射は出力が高い為、機械を体に直接あてることができません。
照射の際「専用ジェル」を体に塗布する必要があります。
また、施術後は一般的に女性のお客様が苦手とされている「冷却タオルによる沈静」という工程が入ります。
施術中ただでさえ裸で寒いのにも関わらず、冷タオルで冷やされまくられるというのはなんとも気持ちの良い行為ではありませんよね。
筆者がかつて勤めていたサロンでも、水冷式を使っていましたが、ただでさえ、女性は「寒さ」「冷たい事」に弱い場合が多く、夏はまだ良いですが、真冬など肌寒い季節などはとても耐えられたものではありません。

 

空冷式脱毛機

こちらの脱毛機は「空気の力」で冷却をし、照射をする種類の機械です。
空気の力で動かすので、1発あたりの冷却するスピードが遅く、照射スピドもおのずと遅くなってしまいがちです。
脱毛機の出力を高くすることにも限界がある種類の機械の為、水冷機に比べると脱毛効果が出にくいことも挙げられます。
しかし、近年開発されている空冷機の種類はこの欠点をカバーするものもたくさん出てきており、照射スピードにこだわった脱毛機械がたくさんでてきています。
この2~3年の脱毛機械の開発事情はどんどん状況が変化しており、「空冷式の種類は脱毛効果が出にくい」とは今では言い切れなくなりました。

空冷式の種類の脱毛機械の最も特徴的な点として、施術の際、ジェルの使用は不要です。
また、みなさんが苦手な「冷却タオルによる冷やし」という工程が必要ありません。
つまり照射スピードが遅いのは、空気が冷やしながら行ってくれる為で、体を冷やしながら照射しているのです。

高単価種類の脱毛機械を良心的な価格で提供してくれるサロンを探そう

一般のみなさんはほとんどご存じないことですが、この脱毛機械には、1ショット、1ショットすべて「照射コスト」というのがかかります。
これが機械の種類によって本当にさまざまで、平均は10.63円、5円などするものもありますが、さすがに5円のものは今どきの脱毛サロンで採用しているサロンはほぼ見かけません。
このコストが、みなさんの施術料金に直接跳ね返っている要因の一部なんです。また、当然ですが、照射コストが高い種類の脱毛機械が一般的には高品質=脱毛効果が最も高い機械とされています。
ちなみに、筆者の当時の運営サロンも脱毛はかなり格安でやらせて頂いておりましたが、機械は13円の種類のものを使用していました。欧州海外製で業界では最高級といわれるブランドの脱毛機だったため、コストは高単価なのですが、脱毛の格安競争が加速し、当時のサロンでも他社に合わせて脱毛価格を下げざるを得ませんでした。(これはお客様には良い条件になります)
つまりこれから全身脱毛を検討される方は、こういった「高品質、高単価コスト種類の機械を使ってかつ良質な施術を安価に提供してくれる」脱毛サロンを絶対に狙うべきといえます。

今時の大手脱毛サロンチェーン店は自社開発の機械使用が多い

前述したような背景があり、昨今脱毛サロン業界は必死の「価格競争」になっているといって良いでしょう。
今や全身脱毛が格安に受けられることが当たり前の風潮になっていて、どのサロンも「脱毛機械の仕入れ原価を落とす」ことが勝ち組になれるかの明暗を分けるのです。
いかに施術の品質を落とさず、低コストにするかという経営方針にしなければいけなくなっているのですが、残念なことに、大手チェーン脱毛サロンでもコスト1円以下の種類の、安価な機械を使った「安かろう 悪かろう施術」をお客様に提供しているサロンが存在するのも事実です。
また、大手全国チェーンの脱毛サロンの中には、コストを抑えるためにとうとう機械を自社で開発するというサロンもかなり多くあります。
機械ごと自分のところで作ってしまえば、もちろん原価は一番安く抑えられます。
脱毛のことを知りに知り尽くした大手サロンが開発している機械なので、前述した欧米製の機械の種類と同等ぐらいの脱毛効果は見込めるはずです。

また、自社開発の脱毛機械は「施術スピード」が格段に速い種類が多いのも特徴です。
昔は全身脱毛をお客様に1回の施術ですべて行う際、120180分かかったのが、機械の種類によっては最短60分で済む場合もあるほどです。脱毛施術を素早くしてくれるのはありがたいですね。


今回は脱毛機械の種類についてお話をさせていただきましたが、現在自社開発の良質な脱毛機械を使っているのは銀座カラーやキレイモなどがあります。ぜひ体験にいってみてくださいね。

ページトップへ戻る