脱毛サロンスタッフの裏側とは?スタッフが教える良いスタッフの見分け方

脱毛サロンの質を左右するのは施術者の資!

全身脱毛をするサロンを決めるにあたり、重視しなければならない点の一つに「サロンスタッフの対応、質」があります。
しかし、初めて脱毛をされる方にとっては、まだ通い始めていないサロンのスタッフが良いか悪いかというような基準はよくわからないですよね。
また、仮にある程度脱毛サロンに通ったことのある方であっても、大手チェーン店のサロンでは、カウンセリンの担当者と、実際に施術にあたる担当者は違う人間が担当することがほとんどのため、全身脱毛を契約した時点ではどのようなスタッフが自分に付いてくれるのかが確認できない事がほとんどです。
そこで今回は、脱毛サロンのスタッフの裏側を知り、良いサロンスタッフの見分け方を学びましょう。元サロン店長の私が伝授いたします。

脱毛サロンスタッフ同士が裏側でなあなあな関係のサロンはよくない

サロンスタッフ同士が裏側でも店内でも仲が良いのは大変良いことなのですが、脱毛サロンの施術スタッフは20代になりたての若いスタッフである事が多いです。
お客さまの対応中、スタッフ同士は業務と関係ない話はしてはいけないことになっているはず。しかし脱毛サロンの裏側でスタッフ同士なあなあな関係だとちょっとした空き時間、また備品などの受け渡しの際などスタッフ同士友達のようなタメ口会話をしていることも。

スタッフ同士が「勤務中」という緊張感をもっている雰囲気があるかどうかは重要なポイントです。

・私語が多い
・同世代のスタッフ同士ならタメ口で話している

などの場合、脱毛サロンのスタッフは裏側のノリが、間違いなく施術の時にも出ているはずです。
カウンセリングの際などにこの点に着目すると、その店舗のスタッフがきっちりしているかそうでないかがわかる一つの基準となります。

脱毛施術中の話がおもしろいスタッフは裏側で何を言っているか

もし担当者の指名または変更希望が可能であれば、「世間話、恋話、下ネタをよく喋る脱毛スタッフ」よりも、多少会話が下手であっても、「手先が細かそうで、タオルの使い方、ジェルの塗り方、シェーバーの使い方などが丁寧なスタッフ」の方が間違いなくお薦めです。
話が面白い脱毛スタッフは、スタッフ同士の裏側でもその日の施術に関する世間話をペラペラしているかもしれません。悪口を言うことはないかと思いますが、自分の施術のことを脱毛スタッフ同士の裏側で世間話されるのは嫌ですよね。

また、脱毛施術は他のエステメニューと違い、「作業の細かさ」が最も優先です。
会話に夢中で照射位置がズレたりしますと、せっかくの施術効果も完璧ではなくなります。
会話が楽しいスタッフの方が来店する際は楽しめるのですが、裏側で何を言われているかわかりません。施術仕上がりの完璧さを求めるならば、少し寡黙で地味なタイプがおすすめです。手先が細かそうなスタッフの方が施術は丁寧にしてくれるでしょう。

裏側で勉強しているスタッフは脱毛知識が豊富

一般的に脱毛サロンでは、お客さまの施術にあたるスタッフが「脱毛のメカニズムをよく知らない」などということはないはずですが、残念なことにこういったスタッフをお客さまの対応にあたらせているサロンが存在することも事実です。
脱毛施術の価格が割安なサロンほど稼働率が忙しい為、サロンの現場は「猫の手も借りたいほど」なのです。
また、これは業界裏話的な話になってしまいますが、脱毛専門サロンは最もスタッフの定着率が悪い職業でもあります。
つまり定着率が悪いので、どんどん新しいスタッフが入れ替わり短期間で施術や研修を仕込み、すぐ現場に出してしまうので、脱毛知識などほとんど知らないスタッフが対応することになってしまうのです。

しかし、高額なお金を払っているお客さまの立場からすると、そのような慣れない担当者に施術をされるのは不安ですよね。
脱毛の施術自体はそんなに難しい施術ではないので、施術事故を起こされたりという確率はほぼないでしょうが、脱毛のそもそもの知識が乏しいと、施術に通いながら体毛の状態の変化の相談をしても、的確な回答が返ってこないことがあります。
また、上司に聞きにいくにも、その上司もいつも近くにいるわけではありません。そのような事から考えますと、脱毛に関する知識が乏しいスタッフは避けるべきです。

経験が浅くても裏側で脱毛のことをしっかり勉強しているスタッフもいます。

知識のあるスタッフを選べば間違いないです。

 

スタッフの質では、やはりスタッフ教育を徹底することのできる大手チェーン店の安心感は大きいですね。銀座カラーは、一人のお客さまに「チーム制」を取っているので、貴女のお体の状態をチーム全体のスタッフで共有します。
全身脱毛は、施術時間が長いですから、スタッフトラブルの確率が低いサロンを選びましょう。

ページトップへ戻る