薬を服用していても脱毛はできる?元脱毛サロン店長が真実を回答! 

脱毛サロンで全身脱毛施術の事前準備、または当日に準備しておくことの1つとして、サロンより、「お薬の服用」についてのご案内があることをご存知でしょうか。

服用については必ず初回のカウンセリング時にも説明があるはずですが、細かい注意事項まで頭に入っていなかった方は意外に多いもの。そこで、「全身脱毛施術を受ける際のお薬の服用基準」について元脱毛サロン店長の筆者が解説しますので、参考にしていただければ幸いです。

 

全身脱毛は薬を服用している状態では行えない

脱毛施術とは健康な状態の方が行う施術と考えてください。脱毛は、美容行為ではありますが、顔やボディマッサージなどの施術と大きく異なる点は、人間にとっての体毛とは、本来体を保護するために生えているものということです。
つまり体に本来必須なものを、美観を損なうという理由により、人工的に脱毛行為を行っているのですす。

つまり、体が元々万全な状態の方でないと、本来行って良い類の施術ではないのです。、この考えに添って考えると「薬」を服用している=何らかの疾患を持っている可能性があるということになってしまうのです。

脱毛施術の基本的な考えとしては、体に何らかの疾患を抱え、病院に通院されていて、薬を服用されている方は、施術は避けた方が良いということになります。
しかし中には、例外として全身脱毛に通いながら服用できる薬もあります。

以下をご参照ください。

市販の薬

風邪薬、胃薬などドラッグストアで簡単に手に入るような、薬の場合、施術前の8~12時間だけ服用を避ければ、施術自体は問題なく受けることができます。
サプリメントなどもこの類に含みます。

ピル

ピルを常用されている方で、脱毛をご検討される方は非常に多いです。ピルは病気が理由で服用されている方は少数で避妊目的、ホルモンバランスを整えるために服用しているケースが多いでしょう。「低用量のピル」という部類の薬であれば全身施術を受ける時服用していても特に問題ではありません。

ただし、ピルには稀にピルが持つ副作用により、全身脱毛の効果が正しくでない、及びIPL脱毛の光を体にあてることにより、シミなど色素沈着を起こす可能性もゼロではありません。
サロンにより「ピルを服用されている方をお断り」とされているところは、施術のクレームリスクを避けるためです。

基本的には婦人科医に脱毛の施術可否を事前に確認してみることをお薦めしますが、大方のサロンで「低用量のピル」まではOKとしているところが多いです。
しかし、ピルと言えど薬には違いありませんから、毎朝飲んでいる方は夜の予約にされるなど、服用後、8時間は時間を空けて脱毛するようにしてください。

抗精神薬

現代はストレス社会で、「心療内科」に通院しているお客様は多いです。 

基本的に精神薬を服用しながら脱毛施術自体、受けることは可能です。稀に、サロンにある程度通われた後に「実はこういったお薬を常用していた」と後になって申告されるお客様もいます。

外用薬

外用の塗り薬に関しては、施術直前だけ塗らない状態であれば、全く問題ありませんが、
ステロイド剤を常用される方は、脱毛施術を受けると、肌トラブルになる可能性がかなり高いため、狭い範囲であればステロイド剤を使っている箇所だけ施術部位からはずしてもらうなどの方法で対応してもらいましょう。

まとめ

脱毛施術は「心身共に健康な方が行う施術」です。薬を服用しながらの脱毛は基本的にはNGです。心配な疾患がある場合は、まず体の不調箇所をきちんと治療してから施術を始めることをオススメします。

ページトップへ戻る