元脱毛サロン店長がこっそり教える!全身脱毛は月額制VS回数制どっちがお得?

月額制と回数制の違い、理解してますか?

 

最近の電車の吊り広告・車両広告には、全身脱毛が「月額9800円」「月額6800円」「回数制6回で30000円」など、なんとも魅力的な広告が多々あります。

全身脱毛の月額制と回数制どちらもお得に感じますが、実際どちらの方がいいのでしょうか?
また、全身脱毛の月額と回数の違いはなんでしょうか?

今回は、全身脱毛の月額制と回数制どちらを選ぶのがお得なのか解説していきます。

 

流行りの全身脱毛!月額制と回数制の違いは?

 

全身脱毛の月額制のシステムとは?

毎月9800円などの定額の月額を払って施術を受けることができるシステム。要するに「スポーツクラブ」のシステムと全く同じです。
全身脱毛の月額制を選んだ場合のメリット、デメリットはそれぞれ次のようになります。

 

月額制のメリット

・まとまった大きな額が手元に無くても、月額1万円で全身脱毛の施術を受けることができる。
・月額なので一度に大きな金額を払わない為、全身脱毛が合わなかったらいつでもコースを止めることができる。

 

月額制のデメリット

・回数制と仮に同じ回数の脱毛施術を受けた場合、月額制の方が割り高なシステムになっている。
・前もって回数分支払っていないので、月額制だと全身脱毛施術に行かなくなることが多い。
 (それでも月額の引き落としは続く)

 

全身脱毛の月額制がお得なサロンはキレイモ

キレイモでは、スリムアッププランという月額9,500(税抜)で全身脱毛の施術を受けることができるプランを用意しています。月額のスリムアッププランでは、施術後にスリムアップローションを塗布してもらえます。2ヶ月の1度施術を受けることが可能です。

 

 

全身脱毛の回数制のシステムとは?

6回、12回などサロンと全身脱毛の「回数契約」を結ぶ方法です。回数制にすることで、1回あたりの全身脱毛の施術の単価を下げてくれています。電車の回数券を買うのと同じようなイメージです。

 

回数制のメリット

・6回、12回などまとまって通うことで、ある程度一定したら全身脱毛の効果がわかる
・回数制の方が全身脱毛の1回施術単価は割安に設定されている

 

回数制度のデメリット

・最初の全身脱毛契約時に回数分のまとまった資金が必要
・全身脱毛に途中で行かなくなり、解約したい場合、使っていない回数分の返金がなかったり、解約金を支払わなくてはいけなかったりする場合がある。

 

全身脱毛の回数制がお得なサロンは銀座カラー

銀座カラーは、6回の回数制の全身脱毛プランを用意しています。

6回の回数制の全身脱毛プランは、なんと月額3300円(税抜)で利用ができます。

無制限の全身脱毛プランも用意していますが、こちらは月額9300(税抜)となります。

 

 

全身脱毛は月額制と回数制どちらがいいの?

 

1回あたりの費用が安い回数制がいい

全身脱毛の月額制と回数制どちらがお得かというと、何を重視しているかで異なります。

もしも全身脱毛に通う回数が決まっていて、1回単価が安い方が良いなら、月額制より回数制の方がお得です。
ただ、事前にまとまった資金が必要だったり、どこまで効果が出るかわからなかったりするのに高額を払えないという方には、月額制の方が脱毛を始める上での敷居は低いですよね。
では、脱毛サロン元店長の私が考える「全身脱毛で正しく効果を出すにはどちらを選ぶべきか?」というお話をさせていただきます。

「どのぐらい通えば効果が出るかわからないから月額制にしておこう」は間違い

これは一見慎重で賢い選択をしたように見えますが、実は脱毛の効果を知らず、初めて通う方が陥りやすい選択肢です。
現在大手脱毛サロンのチェーン店で使用している機械のほとんどは、どれもかなり上質な結果が出るレベルのものを採用しています。
そのため、一定期間通って「ムダ毛が抜けない」「結果が出ない」などということはほぼありません。
とはいえ、どのぐらいの回数を通えば満足のいくムダ毛の状態になるかは、元々の個人の毛の状態によりますが、一般的に

「平均12回=2年間、体に脱毛機をコンスタントにあて続ければ、ほぼ体毛は目立たなくなる」

とお考えください。
つまりこの結果を知ったうえで、きちんと全身脱毛で効果を出したいと考えるのであれば、最初から12回コースを契約するのが最も安く、効果を出せる方法と言えます。

ただ、「実際通ってみないとどんなサロンか雰囲気や、施術者のレベルもわからないし、不快な思いをするかもしれない」という不安もあるでしょう。
この点が不安な方は、12回契約ではなく最低6回の契約をして1年通えば、機械の効果、サロンの雰囲気、予約状況などだいたいすべて把握ができます。

月額制にかかる費用と手間のコストは9800円では済まない

また、月額制をおすすめできないもうひとつの理由は、「全身脱毛を上下半々、または4分の1ずつ施術をする」という点です。
脱毛施術は通常2か月に1回通いますが、月額制は、最初の月は上半身、2か月目は下半身など、通常全身一度にあてれば二か月に1回通えば済むところを、全身脱毛をやるために毎月サロンに通わなければならない場合も多いのです。
よほど、時間に融通のきく方なら問題ありませんが、実際、毎月約90分、体に機械をあてに行くということは、意外なほどコンスタントに続かない方が多いのが実情です。
また、必ずしもサロンの近くに職場やご自宅があるわけではありません。サロンに行くまでの交通費や、向かうまでの前後の時間を作る必要があり仕事など忙しい方にとっては、全身脱毛に通うこの時間と労力だけで明らかに月額9800円を超えてしまいます。
挙句、運悪く予約の日に突然生理になった場合、その日は施術が受けられず、次回の予約がまた1か月後しか取れない.などという事態も起こり得ます。
よほど自分でスケジュールをびしっと決めて、「絶対この日は脱毛行く!」と決められる方は良いですが、そんな先の予定まで読める方はそうはいません。
結局1回の全身脱毛を受けるのに4か月の期間がかかったなどということはザラにあります。

このように、契約時では考えてもなかった事が色々発生するので、全身脱毛は、なるべく1回の回数で効率よく効果が出せる方法を選択することをおすすめめします。

 



いかがでしたか?全身脱毛を月額制にするか回数制にするか悩んでいた方は、今まで見えていなかった部分を知ることができたかと思います。脱毛は女性にとって今や「最低限のたしなみ」です。男性で「毛深い子が好き」という方も、一部のマニア層はいるものの、ほぼいないといって良いでしょう。
全身脱毛の施術は1日にして効果が出るものではありませんから、自分の目でより良い効果の出せる確かな選択をしてくださいね。

ページトップへ戻る