全身脱毛をすると疲れる理由と軽減する方法は?元サロン店長が解説

全身脱毛施術が終わった後、なんだか体がぐったりして疲れを感じた経験はないでしょうか?。
全身脱毛施術中はベットの上に寝そべっているだけなのに、なぜ大きな疲れを感じるのでしょうか?
全身脱毛後にぐったり疲れる理由と疲れないようにする対策をご紹介します。

全身脱毛施術が疲れる理由は?

全身脱毛を受けているとなぜ疲れるのでしょう、おもな理由は以下のとおりです。

1. 脱毛機械で体に熱が入るために、ぐったりする

全身脱毛が疲れる理由は、体が軽い「低温やけど」のような状態になっているからです。
脱毛機は体にかなり強烈な熱が入ります。夏に長時間炎天下の中アウトドアに行った際、体がぐったりすることがあると思いますが、脱毛施術はこの状態とほぼ同等とお考えください。

 

2. 施術中の痛みで体に力を入れるため疲れる

脱毛の施術は、既に経験している方はご存じだと思いますが、多少なりとも輪ゴムで弾かれたような感覚が走ります。
そして、VIOやうなじなどやわらかい箇所の場合は痛みが体に響いたり、VIOの時などは施術のときの体勢なども普段しないような不自然な恰好をしなければならないため、体には緊張が走り力を入れ続けてしまいます。
全身脱毛中は緊張体に緊張が走り力を入れ続けてしまうため疲れてしまうのです。

 

3.スタッフに気を遣うから疲れる

サロンのスタッフは家族や友達ではないため、毎回全身脱毛の施術を受けるときに気を遣ってしまい疲れる場合があるでしょう。
特に恥ずかしがり屋の方や、人見知りの方は疲れてしまうかもしれませんね。

 

全身脱毛施術中に疲れを軽減する過ごし方

全身脱毛の施術は「疲れ」ます。そのため、本来は仕事帰りなどは、タイミングとしては向きません。しかし都心のサロンで契約をされている方は、仕事帰りに寄って済ませたいとお考える方も多いでしょう。
そこで、少しでも疲れ気分が軽減されるオススメの「全身脱毛施術中の疲れない過ごし方」をご紹介します。

音楽を聴きく

これは、当サロンに通って頂いていたお客様が実際に施術中にされておられた過ごし方です。お好きな音楽でしたら、全身脱毛中気分も良くなり、痛みや疲れも忘れますので、お疲れ軽減にはもってこいですね。
ちなみにこの方法は、当サロンでは責任者の筆者が許可を出していましたが、他のサロンがこれをOKしているかはわかりません。
大手チェーン店のサロンなどは規定が厳しいところもあるので、場合によってはNGかもしれませんので、次回の予約時に、サロンに確認してみてはいかがでしょうか?

寝る

眠れるのであれば、実はこれが一番全身脱毛中に疲れない堅い方法だと思います。大手のサロンさんでは「スリープサイン」など、ホテルの「Don’t disturb(起こさないで)」のような札を用意してることが多いです。
このサインを出すと、施術スタッフもお客さんが寝ているのを邪魔しないように配慮しますので、会話が苦手な方も気を使うことはなくなります。
ただ、施術中は体勢を変えなければいけないことが多々あるため、深い眠りというわけにはいきません。

スタッフとの会話を楽しむ

当サロンでは、スタッフに「基本はお客様をリラックスできるような会話を心掛けること」をマニュアルにしていたため、ほとんどのお客様は施術中会話を楽しんでいただいていました。
ちょっと合わないかな~という雰囲気のスタッフでも恋話や異性の話がやはり一番盛り上がるようで、お客様も20代でスタッフも20代の場合は、ほとんどこの会話をしている間に施術は終わっていました。

VIOまで見せる間柄なので、「サロンスタッフに何でも話したい!」と思ってもらえることは、サロンスタッフとしては光栄なこと。お客様に楽しんで頂けることがスタッフにとっても喜びのため、最初は抵抗があってもどうぞ心を開いてみてください。

 

全身脱毛で感じる疲れを軽減する過ごし方を実践しても時間が長く感じる方には、施術の早いサロン痛くないサロンがおすすめです。

まとめ

「キレイは簡単に手に入らない」とつくづく痛感させられるのが脱毛施術です。
しかし、脱毛は1回完了してしまえば一生モノですから、一生のうちたった3年ほどの辛抱です。どうせなら楽しく過ごせる工夫をする方がお得です!楽しく過ごせる脱毛サロンを探したい!という人は、2019年の最新脱毛サロンランキングの口コミコミを参考にしてみてください!

ページトップへ戻る