2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

Oラインの脱毛はサロンでしよう!

Oラインに毛が生えているのが気になるけれど、脱毛するのも恥ずかしくて勇気が出ない。なんてことありませんか?デリケートゾーンの脱毛は決心するのに時間がかかりますよね。普通なら他人に見せる場所ではないので、抵抗があって当たり前です。それに、VIOの毛は腕や背中などの毛に比べて濃いので、痛みが心配で脱毛出来ないという人も多いかと思います。そこで今回は、Oラインの脱毛について詳しく説明していきたいと思います。

【VIO脱毛とは】

VIO脱毛とは何か知っていますか?サロンのホームページなどで良く見かけるかも知れません。

《VIO脱毛》

VIOとは、簡単に言うとデリケートゾーンのことです。
VIOの脱毛はVライン・Iライン・Oラインが3つセットになっている場合が多いです。1ヶ所ずつ脱毛するのと、セットの料金があまり変わらないことが多いので、あまり毛が生えていない部位があってもセットで脱毛することが多いでしょう。

《ハイジニーナ脱毛》

ハイジニーナもVIO脱毛と同じですが、ハイジニーナの場合、基本的には無毛の状態にすることを意味します。Vラインは特に、少し残したいという人が多いですよね。外国では無毛にすることは恥ずかしいことではなく当たり前のことです。そういった流れが日本の若い人たちの中でも主流になりつつあります。また衛生的な観点から見ても、VIOの毛は無い方が良いです。

【VIO脱毛の範囲】

VIOラインは具体的にどの範囲のことか説明していきましょう。

《Vライン》

Vラインは下着を履いた時にフロント側にあたる、おへそから下の三角形の部分。一番毛の量が多い場所です。たまに、「Vラインの毛は脱毛したくない」「なくなったら温泉に行けなくなるから困る」と言う方もいますが、一回や二回の脱毛では、ツルツルにはなりませんのでご安心下さい。むしろ、最初の数回はVラインに全照射することで、毛の質が柔らかく変わったり、毛量が減り薄く見えるようになる効果が期待できます。

《Iライン》

女性器周辺、ナプキンやオリモノシートがあたるところのことです。 女性にとって最もデリケートな部分とも言えますね。衛生的にも無くしておきたい毛でしょう。VIO脱毛をするなら、Iラインはツルツルにしたいという女性がほとんどだと思いますが、粘膜の近くの毛は残すと自然に見えて良いという人もいるようです。

《Oライン》

Oラインは、お尻の穴の周りです。Oの形をしていることからOラインと呼ばれています。Oラインは元々毛があまり生えていない女性もいるかと思います。だからこそ、もし生えていたら一番脱毛しておきたい部分ですね。脱毛したらすぐになくなるので、他の部位をやるならついでに脱毛しておくことをおすすめします。

【脱毛時の注意点】

Oラインの脱毛は、特に大きな危険やデメリットはありません。 ただ注意点として、前日処理で肌を傷めないように気をつけてくださいね。Oラインは鏡を使っても見えにくく、さらにお尻は丸く曲がっているので、刃物の刃が刺さったり深ぞりしやすくなります。皮膚が弱いので肌荒れする可能性も。

《電動シェーバーを使おう》

カミソリを使うと肌がダメージを受けやすいので、電気シェーバーがオススメです。値段も手頃で、1000円前後で購入することが出来ます。

【Oライン脱毛のメリット】

Oラインはお尻の毛です。排泄物が付着するなど、衛生的に不衛生になりやすいので、脱毛して毛をなくすことが望ましいでしょう。また、恋人が出来た時にOラインに毛が生えていると、驚かれてしまう可能性もあります。目に見える場所ではないのでなかなか気が進まないかも知れませんが、人目に触れない部分こそ綺麗にしておくと、女性として一段と魅力が増しますよ。

【Oラインの脱毛方法】

「Oラインを脱毛するのって恥ずかしい」「どんな風に脱毛するんだろう」と悩んでしまうこともありますよね。
① Oラインを脱毛するときは、まず、着替えをします。ズボンやスカートと下着を脱ぎます。その後紙のパンツを履く場合と何も履かない場合があります。
② 履けるタイプのタオルを履き、うつ伏せの状態でベッドに寝ます。
③ サロンの人がタオルをめくり脱毛を済ませます。
④ 脱毛が終わったら、着替えを済ませ完了です。

脱毛は殆どのサロンは個室で行われます。また、サロンの方は何人も施術してきているので、VIOの脱毛にも慣れています。恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ!

【O脱毛は痛い?!】

Oラインは肛門の近くにあり、脱毛するときに痛いのでは?と心配される人も多いようです。Oライン脱毛を実際に行ったことがある人の口コミは以下のようになります。

・一瞬で終わったから痛くなかった
・痛いより熱い
・Vラインが痛かったので何も感じなかった
・痛いけど耐えられる痛み

などなど。Oラインは脱毛範囲も狭く、毛の密度もそんなに濃く無いので痛みは少なく済む傾向にあるようです。

【まとめ】

Oラインの脱毛はデメリットが非常に少なく、心配することなく脱毛出来ます。Oライン脱毛で悩んでいる場合は早めに脱毛してしまいましょう!

ページトップへ戻る