永久脱毛って本当に可能なの?エステ脱毛と医療脱毛

永久脱毛の定義、知ってますか?

ムダ毛の自己処理から解放され、いつでもつるつる美肌でいられることは、女性にとって憧れですよね。
だからこそ、大きな金額でも脱毛を検討する女性が多いのです。
でも、脱毛するということは、ムダ毛が一本もなくなること?
今後も一切ムダ毛が生えてこないの?そんな疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。
そこで、永久脱毛とは本当に実現可能なのか、脱毛サロンと医療脱毛を比較しながら考えてみます!

永久脱毛が本当にできるのは「医療脱毛」だけ

では、どのような施術が「永久脱毛」といえるのでしょうか。
脱毛の方法には、大きく分けて

・ニードル脱毛
・レーザー脱毛
・光(フラッシュ)脱毛

の3つがあります。
このうち、本当に「永久脱毛」と謳えるのは実は「ニードル脱毛」と「レーザー脱毛」だけです。いずれも医療クリニックや皮膚科などの医師や専門スタッフが施術を行うものだけと厚生労働省によって定められています。そのため、医療脱毛なら本当に永久脱毛できると言えます。

ニードル脱毛

毛が生えている毛穴1つ1つに針を差し込み、弱い電流を流して毛乳頭や毛母細胞を壊していきます。
破壊された毛穴からは、再び毛は生えてきません。
かつてはこの脱毛法が主流でしたが、時間もお金もかかり、痛みも大きいことなどから徐々に主流ではなくなってきました。
しかし、破壊された毛穴からは二度と毛が生えて来ないので本当に永久脱毛できると言えるでしょう。

レーザー脱毛

ニードル脱毛にかわって主流となった脱毛法で、メラニン色素にだけ反応する特殊なレーザーを照射して、毛根細胞を破壊することで脱毛する方法です。

サロンの光脱毛と同じ方法の施術ですが、サロンよりも強い光の照射ができる機械を使用しているため、毛根細胞を破壊することができます。破壊された細胞からは毛が生えて来なくなるので、レーザー脱毛も本当の永久脱毛です。

医療機関でのみ施術が許されています。

 

一度の施術では本当に永久脱毛できない

ニードル脱毛とレーザー脱毛を選んでも、一度や二度の施術だけでは本当に永久脱毛できません。毛穴それぞれに毛周期があり、体にある全ての毛穴から同時に毛は生えている状態のことはありません。そのため一度施術をしても、その時に毛が生えていた毛穴しか永久脱毛の効果を得ることができません。
また、脱毛効果は部位によっても異なります。
一般的に、量が多く密集して毛が生えている部位ほど、回数を重ねる必要があります。
たとえば、ワキ毛はある程度の回数が必要ですが、足や手の場合は意外に少ない回数で効果が感じられやすいともいわれています。
また、実は、一見毛が少ないと感じられる顔には20万本もの毛があり、毛の色自体は体毛に比べかなり薄いため、効果を感じられるまでには3年近くかかるともいわれています。

そのため、永久脱毛の効果を本当に感じるまでには長い期間を見ておくといいでしょう。


医療脱毛なら本当に永久脱毛が可能ということがわかりましたね。

永久脱毛ができる代わりにかなりの痛みを伴います。

サロン脱毛と医療脱毛のメリットデメリットを踏まえて選ぶといいでしょう。

ページトップへ戻る