2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

ほんとのところを教えて!全身脱毛のメリット・デメリットを徹底解説!

腕やうなじ、お腹背中、VIOに脚まで全身ツルツルのボディに女子は憧れますよね。
そんなツルすべボディを目指せるのが全身脱毛です。でも全身脱毛にはメリットもあればデメリットもあります。

今回は全身脱毛が気になっているという人のため、パーツ別に全身脱毛の良いところ・悪いところを包み隠さず解説していきましょう!

VIO脱毛のメリット・デメリット

メリット

VIO脱毛のメリットは何といっても水着が堂々と着られること。
またムダ毛を気にせず好きな下着を身に付けられるのも大きなメリットです。
裸になる温泉や銭湯などでも周りの目を気にしなくて良いようになりますし、生理中のトラブルを軽減する効果もあります。
生理時のトラブルはムダ毛が原因になっていることがあり、VIO脱毛をすることで通気性が良くなり蒸れやかゆみといったトラブルをおさえることができます。

デメリット

VIO脱毛の大きなデメリットは痛みが強いことです。
腕、足と比べてもVIOの毛は太く濃いですよね。そのため照射時の痛みを他の部位より感じてしまうことが多いようです。
また脱毛のなかで「恥ずかしい」という意見が多いのもVIOならでは。初めての人は特に緊張してしまうようですね。

顔脱毛のメリット・デメリット

メリット

顔脱毛の大きなメリットは自己処理の頻度が少なくなることです。
口のまわりの産毛や眉間の間などは意外に目立つ部分。マナーとして定期的に自己処理している人も多いでしょう。
顔脱毛をするとこの自己処理の手間が格段に減ります。またうぶ毛が減ることで顔が明るく見えるといったメリットもあります。
うぶ毛が密集して生えることでくすんで見えていた部分が顔脱毛をすることでパッと明るく見えるのかもしれません。

デメリット

顔脱毛をすると皮膚にポツポツとニキビのようなものができることがあります。
これは「毛嚢炎」と呼ばれるもので毛穴にバイキンが入ってしまうことで発生してしまうもの。
顔脱毛をしたあとはこの毛嚢炎を起こしてしまう人がいます。また顔脱毛したことで産毛が多く、硬くなってしまうことがあります。

これは「多毛化」「硬毛化」と呼ばれるもので、脱毛時の刺激により毛根が活性化してしまうことが原因ではないかと考えられています。

うなじ(襟足)脱毛のメリット・デメリット

メリット

うなじ(襟足)を脱毛するメリットはアップスタイルが似合うようになることです。
うなじが見えるアップスタイルは首回りがスッキリ見え、清潔感が出ます。また脱毛によりうなじの形が整うと首が長く見えるといった効果もあるようです。
特に両サイドは細長いWの形、背骨の上を小さめのMの形にする「MW型」のうなじデザインは最も首が長く見えるのでおすすめです!

うなじ脱毛をした人の口コミ
〈Iさんの声〉
アップヘアにして、オフショルを着るとうなじがとても目立ってしまい嫌だったんですが、うなじ脱毛をしてからは自身をもってアップヘア、オフショルの洋服を楽しむことができます。うなじ脱毛、おすすめです!

デメリット

うなじは他の部位と比べて毛の太さが一定ではなく毛周期が異なる場合があり、効果が出るのに時間がかかることがあるんですね。
そのため他の部位より脱毛の効果を実感しにくいと感じる人もいるかもしれません。うなじ部分の脱毛効果については長い目で見ておくのが良いでしょう。

背中脱毛のメリット・デメリット

メリット

背中脱毛のメリットは背中の大きく開いた服がムダ毛を気にせず着られるようになることです。
たとえばオフショルダーの服、背中の開きが多いワンピース、ビキニ水着、はてはウエディングドレスまで堂々と背中を見せることができるようになります。
また脱毛により毛穴が引き締まることでバイキンが繁殖しにくくなり、ニキビができにくくなるといったメリットもあるようです。

デメリット

背中は全身のなかでも面積の広い部位です。
そのため照射に時間がかかることがデメリットといえます。また背中部分は産毛に近く、VIOなど濃くて太い毛に比べて反応しにくい面があります。
そのため照射回数をある程度重ねないと効果を実感しづらいといった面があります。

腕・脚脱毛のメリット・デメリット

メリット

腕・脚脱毛の最大のメリットは自己処理が軽減することです。
腕や脚は何かと露出する部分でもあるので、1年中自己処理をしているという人も多いですよね。
この自己処理の時間を脱毛することで大幅にカットできることが大きなメリットといえます。
自己処理では肌の表面に細かな傷をつける恐れがあり、それが色素沈着などのトラブルを起こしてしまう原因となりますが脱毛サロンでの脱毛は肌への負担を最小限におさえながらすべすべの仕上がりにしてくれます。こういった点もメリットといえるでしょう。

デメリット

腕・脚脱毛は場所によっては痛みを感じやすいところがあります。
たとえば二の腕はそれほどではなくてもヒジから下のムダ毛が濃い場合は痛みが強まります。
また背中と同様に両腕、両足は面積が広い分施術に時間がかかってしまうこともデメリットといえるかもしれません。

自己処理と脱毛サロンの違いとは?

脱毛サロンはお金がかかるため自己処理で間に合わせている人もたくさんいますよね。
それでは自己処理と脱毛サロンでは費用面以外に何か違いがあるものなのでしょうか?

自己処理の場合、毛抜き、カミソリ、脱毛剤、家庭用脱毛器などさまざまなアイテムを使いますよね。
実は毛抜きやカミソリによる自己処理は「肌負担が大きい」というデメリットがあります。カミソリ負けや乾燥、色素沈着などを引き起こすこともあり、自己処理自体が肌荒れの原因となってしまうこともあります。

一方脱毛サロンでは皮膚の中に埋まっている部分だけに光を照射するので肌細胞へのダメージを最低限におさえることができます。
光脱毛の多くは毛を弱らせることでその後の毛の成長を弱めてくれるので、自己処理の回数が大幅に減ります。結果的に余計な負担をかけずに肌をキレイにすることができるんですね。

まとめ

全身脱毛はそれぞれのパーツ別にメリット・デメリットがあります。
良いところと悪いところの両面を知ることで、全身脱毛への理解も深まっていくかもしれませんね。

ページトップへ戻る