2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

どこからどこまで?全身脱毛できる部位を徹底解説!

全身脱毛と聞くと頭の先から爪の先まで、文字通り全身のムダ毛をきれいにできる!と思う人も多いかもしれません。
けれど全身脱毛とひと口にいっても脱毛の範囲は各脱毛サロンや医療クリニックによって違いがあります。

では一般的に脱毛サロンや医療クリニックでおこなわれる全身脱毛とは、どこからどの部分までの脱毛を指すのでしょうか?
今回は全身脱毛できる部位についてご紹介していきましょう。

全身脱毛で脱毛可能な部位は?

全身脱毛の対応部位は脱毛サロン、あるいは医療クリニックによって違いが見られます。
全身脱毛をする予定で、特につるつるにしたい部位がある人は通う予定の脱毛サロンや医療クリニックのメニューに希望の部位がきちんと含まれているかを事前にチェックする必要があります。

また同じ部位でもその範囲が異なることがあるので、希望部位の脱毛が可能かどうかだけでなく、範囲についても確認するようにしましょう。

脱毛サロンでの全身脱毛では一般的に両ワキや背中、腕、脚、お腹、デリケートゾーンなどが脱毛部位となっています。
顔の脱毛が含まれているところもあれば、顔は除くと注意書きがあるところもあるのでこちらもしっかりと確認しましょう。

部分脱毛ではなく、全身脱毛することのメリットとは?

腕や脚といった部位ごとの脱毛にはないメリットが全身脱毛にはあります。
ここからは部分脱毛ではなく、全身脱毛することのメリットについて見ていきましょう。

境目がきれいになる

たとえばうなじだけ脱毛をおこない、背中の脱毛をおこなわなかった場合、脱毛をしたところとしていないところの境目が目立ってしまうことがあります。
この状態は見た目にも違和感を感じてしまいますよね。

けれど全身脱毛であればうなじ、背中などつながっているパーツも丸ごと脱毛してくれるため、パーツとパーツの境目が目立つこともなく、見た目の仕上がりもきれいになります。

肌に負担がかからない

気になる部分のみを脱毛する部分脱毛は、ムダ毛の濃い部分の脱毛はできてもほかの部位は自己処理の必要が残る場合があります。
ムダ毛の自己処理は実は肌にとって大きな刺激となります。

刺激をうけた肌は防衛反応としてメラニン色素を生成し、そのメラニン色素が原因で色素沈着、あるいは黒ずみといった症状が引き起こされる可能性もあるのです。
全身脱毛では多くの部位を脱毛することができるので、部分脱毛より格段に自己処理の頻度が少なくなります。

全身脱毛はいろんな部位がセットでお得!

たとえば「全身脱毛するほどじゃないけど、脇と腕と脚とVIOは脱毛したい」。
そう思っている人は脱毛箇所を1つ1つ選んで脱毛するより最初から全身脱毛をお願いしてしまいましょう。

なぜかというとそのほうが脱毛1箇所あたりの料金がグッと安くなり、大幅にお得になるからです。

また部分的に脱毛したい箇所が複数ある場合、全身脱毛してしまうことをおすすめする理由がもう1つあります。
それが「脱毛を始めると、他の部位の脱毛がしたくなるから」というものです。
脱毛をスタートして気になる部位の毛量が減っていき、つるつるの肌を目にするようになると「予定していなかったけど、〇〇も脱毛したい!」とほかの部位の脱毛を追加する人が出てきます。

けれど、そうなると追加費用が発生してしまうことになりますよね。
あそこも、ここも…と脱毛していくうちに費用がかさんで困ってしまった、なんてことも考えられます。
そんな不安がある人は最初から全身脱毛で契約しておくほうが結果的に費用を抑えることができるのです。

全身脱毛で脱毛できない部位はある?

全身脱毛は脱毛サロンや医療クリニックによって脱毛部位や範囲が異なることは前述したとおりですが、基本的に全身脱毛でも「脱毛できない場所」が存在します。それが下記のようなところです。

・日焼けしているところ
・ほくろ、あざがあるところ
・粘膜部分
・入れ墨
・乳輪周り
・目の周り

たとえば「日焼けした肌」は脱毛が難しいといわれています。
それは光脱毛の場合、その光が毛の黒い色に反応して毛根部分を熱処理しているため、日焼けしてしまうとそこにも反応して熱を与え、肌にダメージを与える危険性があるからです。

またOラインやIラインの膣周りといった粘膜部分はデリケートな部分なので脱毛できないことがあります。
脱毛サロンによっては粘膜ギリギリまで脱毛してくれるところもあれば、余裕を残して脱毛するところもあり「どこからどこまで」というはっきりした基準はないところが多いようです。
粘膜部分の脱毛を考えている人は全身脱毛の契約をする前に確認をしておくと良いですね。

それから目の近くは危険性が高いため、リスクを避けて目周りの脱毛をNGとしている脱毛サロンやクリニックもあります。
脱毛機器からは強力な光が照射されるため、安全を考えての対応と考えられます。
このように全身脱毛では脱毛できないところもいくつかあります。これらの点を含め、じっくり検討するようにしましょう。

ページトップへ戻る