知っておきたい脱毛の仕組み!レーザー脱毛と光脱毛は併用できる?

レーザー脱毛と光脱毛、似たようなものだと思っていませんか?

脱毛サロンと脱毛クリニックでは、取り扱っている脱毛の種類が異なるのはご存知でしょうか?脱毛クリニック「レーザー脱毛」で脱毛し、サロンでは「光脱毛」で脱毛をします。

どちらも聞いたことがある方がほとんどかと思いますが、光脱毛とレーザー脱毛の違いや併用をしていいものなのかは知らない方も多いのでは?そこで今回はこの2つの脱毛方法の違いと、光脱毛とレーザー脱毛を併用してもいいのかをご紹介します。

脱毛の基礎知識!「光脱毛」と「レーザー脱毛」

光脱毛とレーザー脱毛はどこがどう違うのでしょう?一番大きな違いは、

「照射パワー」
「医師の診察の有無」

です。
実は、光とレーザーでは脱毛する際に使用する機器が異なり、ムダ毛に対してそれぞれ異なるアプローチをしています。

光脱毛の仕組み

ムダ毛には毛根(目では見えない)がありますが、その中に毛を生み出したり、成長させたりする「毛乳頭」というものがあります。
光脱毛はこの毛乳頭の周辺に存在するメラニン色素に反応させることで、毛乳頭そのものに熱ダメージを与え、毛の発生・成長を邪魔することで毛を少なくさせているのです。

光脱毛は、レーザー脱毛と比較すると、安い費用で脱毛することができます。また、痛みもレーザー脱毛に比べて弱いという特徴があります。

ただ、毛乳頭にダメージを与える方法で、完全に破壊をするわけではないため、毛がなくなるまでは長い期間を要します。

 

また、光脱毛を行うサロンでは医師がいない場合がほとんどです。医師免許がなくても使用できる脱毛機械を採用しているからです。医師がいないため、何かその場でトラブルが発生したとき診察してもらうことはできません。

 

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛は生えている毛の根元にレーザーをあてることでその組織を壊し、毛を少なくする脱毛法です。光脱毛より仕組みがハッキリしていて分かりやすいかもしれませんね。
「毛根にダメージを与える」という点は光脱毛と変わりませんが、レーザー脱毛は光脱毛よりも照射パワーが強いです。けれどその分痛みを伴います。

レーザー脱毛は毛根を破壊するような脱毛方法なので、光脱毛と比べて早く脱毛を終わらせることができます。また、完全に毛が生えない状態にさせることもできます。

レーザー脱毛で使用される機器は照射パワーも強く、医師の資格がある人間を必要とするので、必然的にお医者さんが常駐することになります。そのため何かトラブルが発生したとき診察してもらうことができます。

ただ、レーザー脱毛は、光脱毛と比べると費用が高く、強い痛みを伴います。

VIOなどのデリケートな場所では、痛みが強すぎて通うことができなくなる人も中にはいます。

 

「光脱毛」と「レーザー脱毛」、併用できる?

痛みは強いデリケートな部分は、光脱毛をして、その他の部分は早く終わらせるためレーザー脱毛を併用したいと思う方も多いことでしょう。また、本当は全てレーザー脱毛をしたいけれど、高いので光脱毛を併用して行いたいと考える方もいますよね。

異なる部位で「光脱毛とレーザー脱毛を併用する」ことはもちろん可能です。

多い例が、

服で隠れて目立たない部分は光脱毛をして目立つ部位はレーザー脱毛をといった併用や、

毛が濃くて気のなる部分だけレーザー脱毛でその他は光脱毛といった併用、

デリケートで痛みを強く感じる部分は光脱毛にして、その他はレーザー脱毛という併用

というように、自分のムダ毛事情に合わせて光脱毛とレーザー脱毛を併用している場合が多いです。

 

中には、脱毛をより早く完了させたいから光脱毛サロンとレーザー脱毛クリニックどちらも通って併用したいと考えている方もいるかもしれませんが、これは逆効果です。

光脱毛もレーザー脱毛も短期間で通えば通っただけムダ毛がなくなるというわけではありません。毛周期に合わせて脱毛を行うことで効率的に早く脱毛を完了させることができます。

また、光脱毛サロンとレーザー脱毛のクリニックを併用して、あまりにも短期間で同じ部位に照射をすると肌に大きなダメージを与えてしまいます。

そのため、光脱毛とレーザー脱毛を併用する際は、部位が被らないようにして賢く脱毛しましょう。

光脱毛とレーザー脱毛の違いをしっかり理解し、自分に合った方法で併用して思い通りのすべすべ肌をゲットしましょう!

ページトップへ戻る