経験者が語る!VIO脱毛(ハイジニーナ)痛みはどのくらい?痛みを軽減する方法とは

最近はVIO脱毛は済ませている」という女子が多くなってきましたね。VIOをまるごと脱毛してそんな悩みから解放されたい!と思うものの、気になるのは「痛み」のこと。VIOはどのくらいの痛みを伴い、痛みの軽減をする方法はあるのか気になるところです。

今回はそんなVIO脱毛の「痛み」と「軽減方法」について解説していきます。

 

経験者に聞いたVIO脱毛の痛みはどのくらい?

VIOは皮膚が薄いにもかかわらず、濃い毛が密集して生えています。
そのため、脱毛の際に個人差はあれど、ある程度の痛みが伴うようです。ではVIO脱毛をするときの痛みの程度とはいったいどれほどのものなのでしょうか。


ワキ脱毛を経験した人は、よくパチッ、パチッと「輪ゴムではじかれたような痛み」と表現されることが多いですよね。VIOに関しても痛みの種類としては輪ゴムではじかれるような痛みです。しかしVIOは皮膚が薄い分、それより少々痛みが強くなる傾向があります。VIO脱毛を経験した人に聞くと「Vラインはなんとか大丈夫だったけれど、IOラインは耐えられなかった」という人もいます。
その一方で「施術はあっという間で痛みを感じているヒマもなかった」という人も。痛みの感じ方は個人差が出やすいパーツなのです。

VIO脱毛の痛みを軽減する方法とは?

ではVIOの痛みを軽減させる方法はあるのでしょうか?

VIOの脱毛方法は、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛など様々な方法があります。

中でもサロンで使用されている光脱毛(フラッシュ脱毛)は現在の脱毛技術の中では「最も痛みの少ない脱毛方法」とされています。

そのためVIOの痛みを軽減する方法として、クリニックなど医療機関でおこなわれるレーザー脱毛ではなく、サロンでの光脱毛を選んでみるといいかもしれません。
また、もう一つのVIOの痛みの軽減方法は、痛みに弱いことをスタッフに伝えるようにしましょう。光脱毛は照射する光のレベルを下げることが可能です。光のレベルを下げることによりVIO脱毛の痛みを軽減することができます。

痛みの心配が拭えないという方は、VIO脱毛のい痛みや失敗のリスクについてもご参照くださいね。

 

まとめ


VIO脱毛は、痛みに耐えられるだろうか、そして痛みの軽減方法はあるのだろうかと不安になるのは当然のことです。まずは光脱毛のお試しで脱毛の痛みを経験してみると「これより多少痛くても耐えられるかも」と安心材料になるかもしれません。
もちろん脱毛の瞬間の痛みはありますが、そのあとに待っているのは「つるつる」のお肌は一生ものですよ。

ページトップへ戻る