中年で脱毛っておかしい? 将来に備えた40代50代女子のVIO脱毛のススメ

いつかはやってくる可能性が高いその時のために、VIO脱毛する方が増えているんです。

今や脱毛を考えるのは20代、30代の女性ばかりではありません。
40代、50代のみなさまの中には、ご主人やご自身のご両親が体を壊され、介護や身の回りのお世話をしているという方もいるのではないでしょうか。
また、友人・知人の親御さんが介護が必要になったということを目の当たりにしたりと、いずれにしても「介護」というものが、まったくの無縁ではない世代です。
今回は真面目なお話として、そんな「大人女子」の皆様にいつかやって来るであろうご自身の将来に備えた「VIO脱毛の必要性」についてお話します。中年で脱毛なんて恥ずかしいと考えている方は目を通してみてくださいね。

中年からVIO脱毛する必要がある理由

「介護」では「下の世話」ごと誰かにお願いする必要があります。

アンダーヘアーがお手入れされていない状態だと、アンダーヘアーにも排泄物が付着しやすくなってしまい不衛生です。介護をする方にとっても、アンダーヘアーがない方がスムーズに介護することができます。
また、白髪だらけのアンダーヘアーを見られることも女性としては葛藤があることは想像ができます。

こういった、いつかくる将来の自分に備え「VIO脱毛」中年世代の方が増えています。
「今から慌てて将来の介護に備えて脱毛なんて...」と感じた方もいることでしょう。
しかし、この「将来の介護を見据えたVIO脱毛」はむしろ中年と呼ばれる今の皆様だからこそ行える時期の脱毛なのです。

中年層はVIO脱毛ができる最後の世代

中年の間にVIO脱毛を行わず、アンダーヘアを残した場合、ヘアが「黒色」から「白色」に変わってしまう年代に突入します。個人差により若干年代にバラつきはありますが、現実的に避けられない事です。

現在普及している脱毛サロンの脱毛方法は、「光脱毛=IPL脱毛」という方法が主流となっています。
この脱毛は、「黒いもののみ」に反応する仕組みです。
つまり、脱毛機は「白髪」には全く反応をしない為、中年でアンダーヘアーを脱毛しないでいると、将来白髪になってからやっぱり脱毛したいと思っても施術を受けることができません。

「将来の介護を見据えたVIO脱毛」で正しく効果が出せるのは中年の今だけです。

まとめ


いかがでしたか?
今回はかなり真面目な将来を見据えた中年の方に向けたVIO脱毛について解説しました。
まずは気軽にカウンセリングを受けて見られてはいかがでしょうか?

ページトップへ戻る