元脱毛サロン店長に聞く!Iライン脱毛の痛みはどのくらい?!

いまやIラインも脱毛するのが常識になりつあるんです


「Iライン脱毛」
とは一言で説明すると、女性の下半身部位のデリケートゾーンまわり(性器回り)の脱毛です。

最近ではVIOはセットになっている脱毛サロンがほとんどですが、「Vはまだしも、Iの脱毛は痛みも強烈そう……。」と尻込みしてしまう方もいるのではないでしょうか?
しかし、実際にVIOのニーズが高まっているということは、Iラインを処理済みの女子が増えているということです。
将来的には、未処理のままでいることはもはや少数になっている可能性もあります。
そこで今回は、筆者がサロン運営時代に経験したその「Iライン脱毛痛みについて」ご説明します

Iラインは脱毛はどのくらいの痛みを感じる?

Iライン脱毛の痛みが怖いというのは、Iライン脱毛を始める前にみなさんの抱える不安だと思います。

Iを脱毛する時の「痛み」に関しては、他の部位に比べると若干の痛みはあります。
Iラインは皮膚が柔らかく、敏感な箇所のため、脱毛で痛みを感じることは仕方のないことです。しかし、近頃は、VIOを照射する際、脱毛機にVIO専用モードなどを導入している機械もあり、Iラインの脱毛時の痛みをかなり軽減している機械が増えています。

Iを脱毛する時どのような痛みを感じるかですが、感じ方は人それぞれです。

I脱毛した方の感想で多いのは、輪ゴムで弾かれるような痛みだったという内容です。

Iライン脱毛で粘膜付近ギリギリまで照射をする方は、粘膜付近は痛いと熱いが混ざった痛みだったと言う方が多いです。

実際私もIラインを脱毛していますが、感じる痛みは確かに輪ゴムで弾かれる痛みと言う表現があっていると思います。

Iライン脱毛の痛みの恐怖を克服する方法

また、昨今の各脱毛サロンではIライン施術の際、お客さんの痛みの不安を取り除く為に対策をとっています。

弱い照射出力で粘膜付近は施術を避ける

Iライン脱毛の痛みの恐怖が強い時は、遠慮なくスタッフに伝えるべきです。

脱毛機は、光の出力を調節することができます。弱い出力にすればするほどIライン脱毛での痛みを弱くすることができます。

その代わり脱毛効果を感じるまで時間がかかります。しかしIは毛が濃い部分ですので、弱い出力でも脱毛するとしないでは大きな差がでるのでご安心ください。

 

また、Iの粘膜付近の脱毛は痛みを強く感じます。

そのため、痛みも怖いし粘膜まではやらなくて良いと思う方はスタッフに申し出ましょう。

どのようなVIOの毛の形を作っていけば良いかアドバイスをもらえると思います。

 

痛みの恐怖感がぬぐえない場合はIライン脱毛だけトップの施術者に代わってもらう

サロンに交渉できるようなら、他の部位から先にコースを始め、通ってるうちに「この担当者なら……」と思えるスタッフにIラインだけをお願いするという方法もあります。

各サロンが対応してくれるかどうかはわかりませんが、筆者の当時のサロンではお客様からリクエストがあった際は対応していました。やはりI脱毛は痛みの強い箇所だからこそ、「信頼できるスタッフにお願いしたい」というお気持ちが湧いてくるものです。
また、技術的に不安な点は、やはりベテランスタッフに代わってもらうなどが最も良い解決策です。


今回は「Iライン脱毛」の痛みと克服方法について開設しました。
いろいろ不安な点もあったかと思いますが、ぜひこの話を参考に、サロンと相談してください。
信頼できる脱毛サロンは、必ずあなたの不安に誠意をもって応えてくれるはずです。

ページトップへ戻る