元脱毛サロン店長に聞く!Iライン脱毛の不安を解消!痛みや失敗のリスクはある?

いまやIラインも脱毛するのが常識になりつあるんです


「Iライン脱毛」
とは一言で説明すると、女性の下半身部位のデリケートゾーンまわり(性器回り)の脱毛です。
Iラインに対し、「Vライン」は一般的に言われているパンティー回り、「ビキニライン」部位を指します。
最近ではVIOはセットになっている脱毛サロンがほとんどですが、「Vはまだしも、Iは人に見せるのも気が引けるのに、さらに脱毛してもらうなんて……痛みも強烈そう……。」と尻込みしてしまう方もいるのではないでしょうか?
しかし、実際にVIOのニーズが高まっているということは、Iラインを処理済みの女子が増えているということです。
将来的には、未処理のままでいることはもはや少数になっている可能性もあります。
そこで今回は、筆者がサロン運営時代に経験したその「Iライン脱毛の価値」と「施術に対するご不安」を解説します。

Iライン脱毛はここ5年でニーズが増加!

かつて5~6年ほど前までの大手脱毛サロンでは、「Iライン脱毛」を禁忌にしているところが多くありました。
そのため、大手サロンで全身脱毛を契約されているお客さんも、Iライン施術だけをわざわざ別のサロンにかけもちで通っているという方も多く存在しました。
しかし、昨今あまりにIライン脱毛のニーズが多くなってきたため、今では有名どころの大手サロンもIライン施術を当たり前に導入するサロンがほとんどになりました。
しかし、全身脱毛を契約している一部のお客さんの中では、コースの料金に含めれているにも関わらず「Iラインは私は要らないです」とおっしゃる方が少なからずいるのです。
「え~全身脱毛料金払ってるのに、一部分だけ施術が要らないなんて考えられない!」と思わずツッコミを入れてしまわれたくなりますよね?
しかし、実は筆者も、脱毛サロンのお仕事を始める前は、「Iライン施術」をすることにかなり抵抗があったうちの一人です。
サロン関係者の筆者でさえ、当初はかなり躊躇していた施術なので、一般のお客さんがIラインの施術を拒否するのは非常に理解ができます。
しかし「初めてのどうしようもない抵抗感」を何かしらのきっかけで拭いさると、Iライン脱毛施術の価値に気がつくのです。

Iライン脱毛を拒否したくなる理由とIライン脱毛したほうがいいワケ

筆者が管理していたサロンでも、「Iライン脱毛にとてつもない抵抗がある」という方はかなりいました。
もちろん、それぞれの考えがありますので、当サロンではお客さんが拒否することを無理に押し付けることは一切ありませんでした。
では、お客さんたちが考えるIライン施術を拒否する理由と、それでも脱毛したほうがいい理由を順にご紹介します。

そもそもIラインの脱毛が必要だと思えない

Iライン脱毛が必要だと思えないということを拒否の理由に挙げられる方は、比較的若い世代の方に多いです。一部ではある程度の年齢の方でもIライン脱毛の必要性を感じないという方はいます。
しかしIライン脱毛は必要になる時が絶対に訪れます。「好きな男性ができたらIライン施術が必ず必要になる」のです。
そしてもっとはっきり言ってしまうと、一部のマニアな男性を除いて、「女性のIラインの毛が濃い方が良い!」という男性はごくわずかでしょう。
男性は見ていないフリをして、女性の体のあちこちをチェックしている生き物です。
そして大好きな彼とやっと結ばれる時、間違っても密林状態で見せるべきではないでしょう。
今やIライン脱毛は「女性の必須のたしなみ」だとぜひ認識を改めてください。
IラインやVIO脱毛の形のデザインに迷っている方は、トライアングル脱毛の形選びを参考にしてみてください。 

脱毛だからといってIラインを人前にだすのは抵抗がある

Iラインを人前にだすことに抵抗があるというのは確かにものすごくよく理解できます。たとえ女性同士とはわかっていても、抵抗がありますよね。
しかし、Iライン施術をする際、ほとんどのサロンでは「細いタイプの紙ショーツ」を着用したままIラインに脱毛機をあてます。
肝心な部分は隠れるので、少し恥ずかしさは拭えるのではないでしょうか。さらに施術を担当するエステティシャンは、何百人という女性のデリケートゾーンに機械をあてていますので、正直イチイチお客様のアソコがどうの……などと気にはしてられません。
「婦人科の医者か看護師に診察のために仕方なく」ぐらいの感覚で割り切るとよいでしょう。

Iラインはデリケートな箇所だから痛そう&施術の失敗リスクが怖い

Iライン脱毛の痛みや失敗が怖いというのは、ある程度似通った施術の恐怖感に対する拒否理由です。
まず、「痛み」に関しては、他の部位に比べると若干の痛みはあります。
Iラインは皮膚が柔らかく、敏感な箇所のため、仕方のないことです。しかし、近頃は、VIOを照射する際、脱毛機にVIO専用モードなどを導入している機械もあり、Iラインの痛みをかなり軽減している機械が増えています。
詳しくは、通っているサロン、またはカウンセリングに行くサロンにお尋ねください。

Iライン脱毛の恐怖を克服する方法

また、昨今の各サロンではIライン施術の際、お客さんの不安を取り除く為にあらゆる対策を取っております。
例えば、以下のような対策です。

施術の際は片足を内側にL字に曲げる

「足をL字に曲げる」とお尻から下半身に力を入れやすくなり、体の位置が安定するため、驚くほど恐怖感と痛みが軽減されます。

恐怖感がぬぐえない場合はIラインだけトップの施術者に代わってもらう

無理な場合、サロンに交渉できるようなら、他の部位から先にコースを始め、通ってるうちに「この担当者なら……」と思えるスタッフにIラインだけをお願いするという方法もあります。

各サロンが対応してくれるかどうかはわかりませんが、筆者の当時のサロンではお客様からリクエストがあった際は対応していました。やはりデリケートな箇所だからこそ、「信頼できるスタッフになら……」というお気持ちが湧いてくるものです。
また、技術的に不安な点は、やはりベテランスタッフに代わってもらうなどが最も良い解決策です。


今回は「Iライン脱毛」のご不安について解説しましたが、いかがでしたか?
いろいろ不安な点もあったかと思いますが、ぜひこの話を参考に、サロンと相談してください。
信頼できる脱毛サロンは、必ずあなたの不安に誠意をもって応えてくれるはずです。

ページトップへ戻る