脱毛サロンでトラブルにならないために知っておきたいこと!

こんなはずじゃなかったのに!とならないために

脱毛サロンで全身脱毛する時、トラブルがおきる場合もあります。高いお金を払って脱毛サロンに通うなら、トラブルを避けて気持ちよく通いたいですよね。脱毛サロンに通う前に全身脱毛で起こりうるトラブルを知っておかないと、「なんだか思っていたのと違う」と感じてしまうかも。

今回は「脱毛サロンの全身脱毛でトラブルにならないために知っておきたいこと」について説明しますので、是非参考にしてみて下さいね!

脱毛サロンのトラブルってどんなものがある?

脱毛サロンで施術を受ける時に起こりやすいトラブルをご紹介していきます。
脱毛サロンでのトラブルに巻き込まれると、ツルツルになるどころか肌荒れを起こしてしまったり、料金が思ったよりもかかってしまうなんてこともありますので、しっかりと確認をしておきましょう。

脱毛サロンのトラブル① 思ったよりもムダ毛が減らない

脱毛サロンで使う『光脱毛器』は、黒い部分に反応して脱毛効果を得るものです。
ワキやVIO部位のように太くて濃いムダ毛は良いのですが、細くて薄いムダ毛にはあまり効果が得られません。
もちろん全く効果がないわけではありませんが、効果が低い分、濃い部分よりも多く光を当てる必要があります。
そのため、全体的にムダ毛が濃い人は3~4回の通えば効果を実感できるのに、もともと薄い人は「なんだかあまり減っていないかも…?」と感じてしまうのです。

ムダ毛が薄い人でも何回か通えば効果を実感し始めるのですが、最初のうちは効果がない!と勘違いして「効果がないので脱毛サロンを解約したい」というトラブルになることも。

解約は勿体無いので、回数を重ねれば脱毛効果があるということを頭に入れておきましょう。

 

脱毛サロンのトラブル② 生理中はVIO部位の施術ができなかった

生理中は出血があるのでVIO部位の脱毛はできません。
そのため、VIO部位を避けて施術をするのですが、やっていないからと言ってVIO部位だけ別の日に脱毛することはできないサロンもあります。
それを知らずに脱毛サロンにいくと、VIO部位だけ他の部位よりも1回分少なくなってしまうというトラブルがあります。脱毛完了までの期間がずれてしまうことにも繋がります。
VIO部位だけ追加でプランを組むと、せっかくお得なプランを選んだのにお得感がなくなってしまいますよね。

生理中はVIO部位の施術ができない脱毛サロンがほとんどですが、トラブルを避けるためにも念のためコース契約時に確認しておきましょう。
銀座カラーの通い放題プランなどの場合、別日にVIOのみすることも可能です。
そして、やはりできるだけ生理と被らない日にちで予約しましょう。

脱毛サロンのトラブル③ 途中で解約できなかった

「肌トラブルが起きてしまった」
「半年間海外に転勤することになった」
「他のサロンに乗り換えたい」
など、途中で脱毛サロンのコースを解約したくなることもありますよね。

そんな時、もしコースの解約ができなかったらどうしますか?
通わないのにお金を払い続ける、または他の脱毛サロンへ変更できず、コースが終了するまで我慢しなければならないというトラブルに。
ほとんどのサロンで途中解約できますが、中には不可だったり違約金が必要なこともあります。
お得に通おうと契約したのに、これではお得どころかかなり損をしてしまうでしょう。
契約する時のルールは、必ず細かい部分まで確認をしておいて下さいね。

脱毛サロンのトラブル④ 肌トラブルが起きてしまった

どの脱毛サロンも、肌トラブルが起きることがないように、できるだけ負担にならないようにと配慮をしています。
しかし、肌の性質は人それぞれですから、脱毛サロンの施術で必ず肌トラブルが起きないとは言えないのです。
直接肌に熱を与える脱毛は少なからず皮膚や毛根にダメージを与えてしまうもの。
肌に炎症が起きる毛嚢炎(もうのうえん)や、毛が一時的に増えてしまう硬毛化、やけどなどリスクが全くないとは言えません。
「プロの施術なのになんで!?」
と思うかも知れませんが、脱毛サロンで施術した後にアフターケアを怠ったり、施術後の注意事項を守らなかったりすると肌トラブルが起きるリスクは高まります。
定期的に通いさえすれば、何をしても自然にツルツルになる、と油断しないようにしましょう。

肌トラブルの種類や原因、対処法についても事前に頭に入れておくとよいでしょう!

脱毛サロンでトラブルを起こさないために気を付けたいこと!

脱毛サロンに関わるトラブルは、金銭的なことだけでなく効果や肌のトラブルなど多岐に渡っていることはお分かりいただけたでしょうか。
せっかくツルツルな肌を目指して脱毛サロンに通い始めたのに、トラブルが起きてしまっては気持ちも沈みますし、お金もムダになってしまうかも知れません。
脱毛サロンでのトラブルを防ぐ方法をいくつかご紹介します。コースを契約する前に一度目を通しておいて下さいね。

脱毛サロンのトラブル回避術①契約内容はきちんと確認する

契約内容を確認する時、簡単な説明はスタッフが口頭でしてくれますが、書面も必ず目を通すように言われるはずです。

・途中で解約できるのか
・違約金はかかるのか
・支払方法はどのような決まりがあるのか
・肌トラブルが起きた時はどうすればよいのか

これらの項目は特に注意をしておく必要があります。
とは言っても、契約書の書面は文字ばかりで何がどこに書いてあるのかが分かりにくいもの。いまいち分からない時は脱毛サロンのスタッフに直接確認するとトラブルを避けることができます!

脱毛サロンのトラブル回避術②施術後の注意事項はしっかり守る

脱毛後は直射日光に当てない、熱いお風呂は避けるなど、注意事項が決まっているサロンがほとんどです。
脱毛サロンの定めた注意事項を守らないと、赤みやひりひり感、かゆみなどの肌トラブルが起きるリスクが高まるので注意しましょう。
私も以前、冬に脱毛をした時に熱めのお風呂に入ってしまったことがありました。
すると、いつもは大丈夫なのにその時は赤みが2~3日引かず…。
幸い、すぐに元通りになったので良かったですが、やはり注意事項はしっかり守らないとな、と実感した出来事でした。

脱毛サロンのトラブル回避術③脱毛完了までの期間を聞いておく

ムダ毛が薄いと効果を実感しにくいとは言っても、自分が薄いのか濃いのかなんて分からない!という人もいるはず。
そんな時は、カウンセリング時にスタッフに質問しておきましょう。
「私の場合はどれぐらいから効果を感じられますか?」と聞けば、相手は脱毛のプロなのですぐに答えてくれます。
効果があるのかないのか分からないまま脱毛サロンに通い続けるのも、なんとなく気持ちがすっきりしませんしトラブルの元。
事前に聞いておけば、初めの数回は見た目の変化がなくても納得できます。

脱毛サロンでトラブルが起きたときにするべき行動

脱毛サロンでのトラブルを防ぐために注意をしていても、時には何かしらのトラブルが発生する場合もあります。
それは、サロンによって施術方法やルールが様々ですし、肌の状態にも個人差があるからです。
もし、脱毛サロンに通っていてトラブルに合ってしまったら、次のように対処をすると解決できることが多いので、参考にしてみて下さいね。

脱毛サロンのトラブルはお店に問い合わせる

契約内容やコースに関するトラブルは、直接脱毛サロンのお店に問い合わせるのが一番です。
店舗へ行っても良いですし電話でもOK。「おかしいな?」と思ったら、まずはお店に聞いてみましょう。

肌のトラブルは脱毛サロンと病院の両方へ相談

施術後に肌トラブルが起きてしまった場合は、まずは脱毛サロンに問い合わせをして対処法を聞き、今後の契約についても相談しておきましょう。
もしすぐに症状が収まらなければ、一度皮膚科を受診するのをおすすめします。
跡が残ったり悪化するのを防ぐためにも、念のため医師の診察を受けておきましょう。

トラブルゼロで快適に脱毛サロンに通おう!


脱毛サロンに通えば、いずれはツルツルな肌になって美意識が上がるはずなのに、トラブルに巻き込まれてしまうと気持ちも沈んでしまいます。
トラブルが解消したあとも脱毛サロンに対しての不安が残る人も多いです。
脱毛を楽しむためには、やはりトラブルが起きないことが一番ですが、初めから知っておくだけで防げることも多いので、今回のポイントやコツを是非参考にしてみて下さいね!

ページトップへ戻る