2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

脱毛の前後にアルコールを摂取しても大丈夫?

普段からアルコールを摂取する人は、脱毛の予約を入れている時でもお酒を飲んでしまう人もいるかもしれません。

 

しかし実は脱毛の前後にアルコールを摂取すると、脱毛効果に影響が出るだけでなく肌トラブルを起こす危険性があるので注意が必要です。

 

そこで今回は「脱毛の前後にアルコールを摂取しても大丈夫なのか」

「もし摂取してしまった時はどうすれば良いのか」について説明します。

よくお酒を飲む人は、念のため一度目を通しておきましょう。

 

脱毛の前後にアルコールは摂取しても大丈夫?

脱毛の前後のアルコール摂取は、残念ながらNGとしている脱毛サロンやクリニックがほとんどです。

お酒は体内に入るもので、脱毛は肌の表面に光を当てるものなので、一見あまり関係がない気がしますが、なぜNGなのでしょう?その理由を説明します。

 

血行が促進されて肌トラブルが出やすくなるから

アルコールを摂取すると、心臓がいつもよりドキドキしませんか?

これは心拍数が上がっているためなのですが、それと同時に血行が促進されているのです。

 

アルコールを摂取すると、入浴や運動をした時と同じような状態になり、血液の流れが良くなります。

冷え性の人や体温が下がっている時には良い効果ですが、脱毛後に血行が促進されると赤みやかゆみが出やすくなってしまうのです。

 

赤みやかゆみが出てもすぐに治れば良いですが数日続く場合もあり、今後の脱毛に影響が出る可能性もあります。

肌トラブルを起こさないために、脱毛後はアルコールを摂取しないようにしましょう。

 

体温が上昇して肌が乾燥するから

アルコールを摂取すると血行が促進するだけでなく、体温も普段より高くなります。

お酒を飲むと顔が熱くなる人がいますが、それは体温が上昇している証拠です。

 

体温が上昇すると肌の水分も蒸発するので、いつもより肌が乾燥した状態になります。

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下するので、少しの刺激でも肌トラブルを起こしやすいのです。

その状態で脱毛の光を当てると、軽いやけど状態になったりなどの症状が出てしまいます。

 

赤みやかゆみなら冷やせば症状は治まりやすいですが、やけど状態となるとそうはいきません。

ひどいと皮膚科での治療が必要になるので、しばらく脱毛できない場合もあります。

 

もし脱毛の前後にアルコールを摂取してしまった時の対処法は?

「脱毛の前後にアルコールを摂取してはいけない」と分かっていても、ついうっかり飲酒をしてしまう可能性はゼロではありません。

もし忘れてアルコールを摂取してしまった場合は一体どのように対処をすれば良いのでしょうか?詳しく説明します。

 

うっかりお酒を飲んでしまった時の対処法

脱毛の前にお酒を飲んでしまった場合、まずはお店に電話をしてどうすれば良いか確認をしてみましょう。

ただしアルコールを摂取しての施術はNGとしているお店がほとんどなので、当日キャンセルになる確率が高いと覚えておいてくださいね。

 

脱毛後にお酒を飲んでしまった場合は、まず施術を受けた部位に異常がないかチェックしてみましょう。

もし赤みがひどかったり、強いかゆみが出たりしているなら、お店か皮膚科に相談してください。

肌に異常はなくても体調が悪いと感じるなら、念のためかかりつけ医に一度相談するのがおすすめです。

 

当日キャンセルするとペナルティが発生することも

アルコールを脱毛の前後に摂取すると、いつもより肌トラブルが起きるリスクが高まります。

また、脱毛の前にお酒を飲み、当日キャンセルするとペナルティが発生する場合もあるので注意しましょう。

 

ついうっかりアルコールを摂取してしまわないよう、スケジュール帳やスマホのアラーム機能などを上手く利用して脱毛の予約を忘れないように心がけましょう。

 

脱毛の後はアルコールの摂取以外にもNG行動がある!

脱毛後に肌トラブルを起こさないためには、アルコールの摂取以外にも注意すべき行動があります。

それは、熱いお湯での入浴や激しい運動、日焼け、マッサージなどです。

 

つまり血行を促進させる行動や肌へ刺激となる行動はNGということ。

特に初めて脱毛を受ける人は忘れがちなので、当日までにNG行動がどんなものだったか一度確認しておきましょう。

 

お店に契約する時のカウンセリンングで説明されるはずですが、もしされなかったり忘れてしまった場合はお店に電話して事前に確かめておいて下さいね。

 

まとめ

アルコールが好きな人にとって、脱毛の前後にお酒を我慢するのはつらいと感じるかもしれません。

しかし肌トラブルが悪化すると脱毛に支障が出るだけでなく、肌が荒れて見た目もあまり良くないですよね。

 

また、皮膚科での治療が必要になったり、キャンセルしてペナルティが発生したりすると、ムダな費用がかかってしまいます。

 

肌トラブルを起こさず費用も節約するために、脱毛の前後にアルコールを摂取するのは控えておきましょう。

もちろんアルコールだけでなく、運動や入浴など他のNG行動にも注意して下さいね。

ページトップへ戻る