予約間近に生理到来!生理中に全身脱毛の施術はできる?

生理の日と被らないように全身脱毛の予約を入れても、周期が乱れて予約間近に生理がきてしまうこともありますよね。

生理中は全身脱毛をすることができるのでしょうか?予約変更が必要なのでしょうか?

全身脱毛の予約の日が生理と被ってしまった人は必見です。

生理中は全身脱毛の施術を受けることができないの?

ではまず、そもそも生理中に全身脱毛はできるのでしょうか?私も脱毛の予定日に生理がかぶってしまったことがあるので、その経験も踏まえてお話していきますね。

生理中でもVIO以外なら全身脱毛は可能

焦って予約変更を検討していた方もご安心ください。もし施術する脱毛部位にVIOが入っていなかったら、全身脱毛の施術を受けることができるサロンが多いです。生理中は血液が出ているため、VIO部位はどうしても施術ができません。

ちなみに、全身脱毛コースで生理中だからVIO部位をやらなかったからと言って、その分だけ別の日に施術してもらうことは基本的にはできません。そうなるとVIO部位のみ1回分損してしまったことになります。
突然の生理は仕方がないですが、できるだけ生理と被らないようにした方が損をしなくて済みます。

まだサロンで脱毛を初めていない方は、VIOだけ別日に取り直すことができるサロンは銀座カラーですので参考にしてみてください。

生理中の全身脱毛は肌荒れを起こすことも

生理中はホルモンバランスが乱れたり、身体の抵抗力が落ちることが多いです。普段の全身脱毛では特に赤みなどの症状が出ない人も、生理中は肌荒れを起こしやすくなっているので注意が必要になります。

私も以前、生理中に全身脱毛を受けたことがあるのですが、普段は何も起こらないのに、その日だけ光を当てた直後から赤みが出てしまいました。幸い痛みなどはなく、しっかりと冷やすことで赤みはすぐに引きましたが、やっぱり肌が弱っている時期なんだな…と実感しましたね。

生理中に全身脱毛をしたことで引き起こる肌荒れの症状は、ヒリヒリ感や赤みが出る、炎症が起きるなどの症状が出るなどです。次の脱毛に影響が出る可能性もありますし、最悪の場合、皮膚科を受診しなければならないことも。そうなると、余計な費用が必要になりますし、不快感も出てしまいますよね。

生理中全身脱毛をするとき肌荒れをできるだけ起こさないようにするには、
・日頃の肌ケアをしっかり行う
・ホルモンバランスの乱れを防ぐ
・アフターケアを念入りに行う
・敏感肌の人は生理中の全身脱毛を控える
といった対策があります。

日頃のケアをしっかりしておくことで肌のバリア機能が強化されるので、生理中でも刺激に強くなり、肌荒れを防ぐことができます。保湿成分や美容成分が入ったローションをマメに塗るよう心がけましょう。

また、ホルモンバランスの乱れを少なくすると、毛周期への影響も少なくできます。規則正しい生活を送る、ストレスを溜めない、身体を冷やさないなど、生理中にホルモンバランスが乱れない対策をしておきましょう。

脱毛サロンによっては生理中はNG

ほとんどのサロンは生理中でも特定の部位以外なら、全身脱毛を受けられます。しかし、中には全身NGとしているお店もありますので、事前に確認をしてみてくださいね。カウンセリング時に生理中の全身脱毛についての説明があると思いますが、忘れてしまったという方はサロンに必ず問い合わせてください。

生理中の全身脱毛は脱毛効果を実感しにくくなる

生理中にホルモンバランスが大きく乱れる人は、生理中の施術は効果を実感しにくくなることがあります。脱毛は、『毛周期』と呼ばれるムダ毛が生え変わるサイクルに沿って施術をするのですが、ホルモンバランスが乱れると毛周期のリズムも乱れてしまうのです。

施術はできても、効果が実感できないのでは、なんとなくもったいない感じがしますよね。このことから見ても、できるだけ生理中の施術は避けたほうが良いと言えます。

 

できれば生理中の全身脱毛は避けよう

生理中だからといって全身脱毛が受けられないわけではないですが、デメリットや肌のトラブルを考えると、できればやめておいた方が良いかも知れません。

予定日がズレてしまったり、突然来てしまった時は仕方がないですが、予約を取る時は生理とかぶる可能性が少ない日を選びましょう。

満足のいく施術が受けられなかったり、肌荒れを起こしてしまっては取り返しがつかないですから、予約を取る時は忘れずに頭に入れておくようにしましょうね。

ページトップへ戻る