2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

ムダ毛の自己処理は危険!?メリットとデメリットを詳しく解説

いくら処理しても生えてくるムダ毛は、女性の大敵。
手間がかかるわりにはキレイに仕上がらないし、ムダ毛が濃くなっているような気がしたり毛穴のプツプツや黒ずみが目立ったりして、悩みはなくなりませんよね。
しかし、その悩みは間違ったムダ毛の自己処理が原因なのです。
そこで今回は、ムダ毛の自己処理のメリットとメリットについて詳しく解説します。
自己処理のときにやってはいけないことや肌に優しい処理方法がわかるので、肌トラブルのリスクや悩みを減らせます。
間違った自己処理は今すぐにやめて、自信が持てるツルツル肌を目指しましょう。

ムダ毛を自己処理するメリットとデメリット

女性にとってムダ毛処理はお風呂に入るくらいに当たり前なことなので、メリットやデメリットなんてあるの?と思った人もいるかもしれません。
だからこそ知らないうちに損をしていたり、間違った自己処理をしたりしている可能性があるのです。
ここではムダ毛を自己処理するメリットとデメリットについて詳しく説明するので、自分に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

ムダ毛を自己処理するメリット

ムダ毛を自分で処理する最大のメリットは、家で簡単にできるという手軽さです。
脱毛サロンなどに行く場合は服を着替えてメイクをして…と手間や時間がかかります。
しかし、自分でカミソリやワックスなどで処理できれば家から出る必要がないので、急にデートの予定が入ったときでも安心です。
自己処理グッズはドラッグストアや通販で手頃な値段で手に入りますし、脱毛サロンに通うまとまった金額がない人でも、簡単にムダ毛のない肌になれます。

知らないと損!ムダ毛を自己処理するデメリット

このような手軽さの反面、
・カミソリ
・ワックス
・テープ
・毛抜き
・除毛剤
などで自己処理すると、サロンで施術を受けるよりも肌トラブルが起こる可能性が高まります。
最悪の場合、手術をしないと治らないなどということになりかねません。
さらに、自己処理ではツルツルにするのに限界があります。
カミソリで剃ると断面が太く目立ってしまいますし、ワックスやテープだと全部キレイに抜くのは難しいです。
除毛剤は化学薬品なので肌に負担が大きいですし、やり方やムダ毛の濃さによってはキレイに処理できません。
また、ムダ毛は処理しても生えてくるので、こまめに手入れする必要があります。
その度に肌に負担がかかりますし、長い目で見れば自己処理グッズにかなりのお金をかけていることがわかるでしょう。

間違った方法でムダ毛を自己処理すると起こるトラブル

ムダ毛を自己処理すると、肌トラブルが起こりやすくなります。
これから解説する肌トラブルに思い当たる節がある人は、間違った方法で自己処理している可能性が高いですよ。

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)はムダ毛を処理したあとの毛穴が炎症を起こして膿が出たり、熱を持って腫れたりする細菌による感染症のことです。
ニキビのような軽症の場合は自然に治ることが多いですが、ひどい場合だと手術をしないといけないほどに悪化することもあります。

埋没毛

埋没毛(まいぼつもう)になると肌の中にムダ毛が埋まってしまうので、毛穴が黒くポツポツと目立ってしまいます。
これは間違ったムダ毛処理によって肌の表面が傷つき、新しい皮膚で毛穴が塞がってしまったことが原因です。
見た目にもキレイではありませんし、無理やり取り出そうとするとばい菌が入って炎症を起こす可能性もあります。

肌の黒ずみ、色素沈着

肌が傷つくと自分を守ろうとする機能が働き、メラニン色素をつくって肌を分厚く黒くしながら再生していきます。
とくに脇の皮膚は薄くてデリケートなので、何気なくやった自己処理が黒ずみの原因に。
間違った自己処理によって肌が敏感になっていると、服の摩擦などでさらに色素沈着を起こしやすくなるのです。

乾燥、カミソリ負け

カミソリでムダ毛を自己処理した後に
・肌がヒリヒリする
・痛みやかゆみがある
・湿疹ができる
・赤みがひかない
といった症状が出たら、その処理方法は間違っているということです。
カミソリ負けというと肌が弱い人にだけ出る症状というイメージがあるかもしれませんが、肌が敏感ではない人にも起こる可能性はあります。
古かったり錆びたりした切れ味の悪いカミソリを使ったり、毛の流れに逆らってカミソリを滑らせる「逆剃り」をしたりすると、どんなに強い肌にでも負担がかかるのです。

出血や毛穴の広がり

毛抜きで無理やりムダ毛を引き抜くと、毛穴が広がったまま治らずポツポツと目立ってしまいます。
抜いたときのダメージで出血したり、ばい菌が入って炎症を起こしたりすることも。
カミソリの逆反りも毛穴が広がる原因になるので気をつけましょう。
毛穴が広がったままだと、化粧品や角質などが溜まって黒ずみの原因になります。

ムダ毛の自己処理の正しいやり方

ムダ毛を自己処理するときには、無理やりムダ毛を引き抜く
・ワックス
・毛抜き
・脱毛テープ
はなるべく避けましょう。
カミソリを使うときは肌を守るためにシェービングクリームを使い、処理後は保湿を忘れないでくださいね。
カミソリをお風呂場に置いたままにすると、刃が錆びて切れ味が悪くなります。雑菌も繁殖しやすく不衛生なので、脱衣所などの湿気が少ない場所で保管しましょう。

ムダ毛の自己処理におすすめなのは電気シェーバー

数あるムダ毛の自己処理グッズの中では、肌に負担が少ない電気シェーバーがおすすめです。
刃にガードがかかっていて、直接肌に触れることなく自己処理できます。
カミソリに比べると深剃りにはならないので、仕上がりが気になる人もいるかもしれませんが、肌トラブルの原因をなくせるのがメリットです。

電気シェーバーを使うときのポイント・注意点

電気シェーバーはカミソリのように逆剃りしても肌にほとんど負担がかかりませんが、処理した後は同じように保湿クリームでケアしましょう。
使ったまま洗わずに放置したり湿気が多い場所で保管したりすると、雑菌が繁殖して肌トラブルの原因になるので注意が必要です。
取り扱い説明書をしっかりと読んで、使うごとにメンテナンスすると安全に使用できます。
電気シェーバーは乾燥した状態でも濡れた状態でも使えるものが多いですが、なるべく濡れた状態で行うとより肌ダメージを和らげられますよ。

きれいなツルツル肌を目指すなら脱毛がおすすめ

肌ダメージを少なくして、手軽にムダ毛を自己処理するなら電気シェーバーがおすすめです。
しかし、
・ずっと自己処理をし続けなければならない
・替刃などコストがかかる
・音が気になる
・メンテナンスの手間が必要
・しっかり剃りたいときはカミソリを使う
などのデメリットがあります。
肌トラブルをなくして黒ずみや毛穴のプツプツといった悩みを解消するには、脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。

肌トラブルを解消

脱毛サロンの施術は皮膚を削ったり毛穴を広げたりすることがないので、
・毛穴が広がってプツプツ目立つ
・埋没毛で毛穴が黒い
・色素沈着による黒ずみが恥ずかしい
などに悩む心配がありません。
万が一、肌トラブルがあれば丁寧に対応してもらえるので、悪化するのを防げます。
サロンやクリニックで脱毛というと、お金がかかるイメージを持っている人が多いかもしれませんが、これから30年近くも自己処理を続けると考えるとどうでしょう。
カミソリや保湿クリームなどをずっと買い続けることを考えると、3年程度でほとんど自己処理する必要がなくなる脱毛サロンの方が安く済みますし、肌をキレイに保てます。

自己処理の手間やコスト、肌トラブルのリスクの点でみると、自己処理を続けるよりも脱毛サロンで施術を受ける方がおすすめです。

間違った自己処理は終わり!脱毛サロンでツルツル肌に

ムダ毛の自己処理は家にいながら簡単にできますし、カミソリや毛抜きは数百円で安く手に入ります。このような手軽さから自己処理をしている人は多いですよね。
しかし、
・カミソリ負けや毛嚢炎などの炎症が起こる可能性
・埋没毛や毛穴の広がりで黒いポツポツが増える
・色素沈着でワキが黒ずむ
などの肌トラブルは避けられません。
どうしても自己処理をするというのであれば電気シェーバーをおすすめしますが、キレイに仕上がりませんし、長い目で見ればお金もかかります。
長期的にお金をかけずにムダ毛処理の手間を減らしたい!という人には、脱毛サロンで施術を受けるのがおすすめです。
脱毛サロンでは自己処理のような肌トラブルの危険性はほとんどありませんし、しっかりとムダ毛がなくなってツルツルに仕上がります。
脱毛は高い…というイメージだけで自己処理を続けるのはもったいないですよ。

ページトップへ戻る