2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

VIO部位の施術現場を直撃!服装や手順はどうなってるの?

全身脱毛を受ける時に気になるのが、VIO部位の施術についてではないでしょうか?
人に見られると恥ずかしい部位ですから、どのような服装でどうやって施術を行うのか、不安に感じている人が多いはずです。
そこで今回は「VIO部位の施術」について詳しく調査してみました。
「全身脱毛を受けたいけれどVIO部位の施術に不安がある」このような悩みを持っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

VIO部位の施術ってどんな流れ?

脱毛が初めての人にとって、VIO部位はもっとも人に見られたくない部位でしょう。
施術前にある程度流れを押さえておくことで不安も取り除けるはずなので、一通り目をとおしておきましょう。

VIO部位の施術中の服装


体験者Iさん・Yさんの場合
■紙パンツなどは履きますか?
Iさん:履いたことはありません。VIOをやるときは恥ずかし状態でガウンを巻いているだけです。
Yさん:紙のTバックみたいなものを履きますね。


VIO部位の施術中の服装はサロンによって多少の違いがありますが、自分の下着は脱ぐのが基本です。
代わりに使い捨ての紙ショーツを着用するサロンもあれば、ガウンのみで何も付けないサロンもあります。
中には、自分で施術中のショーツを用意しなければならないサロンもあるので、カウンセリング時に質問しておくのが良いです。
全身脱毛は常に裸だと思っている人もいるでしょうが、基本はガウンなどを着用していて、脱毛する時に布をめくって光を当てるというスタイルなので安心しましょう。

VIO部位の施術のフロー

全身脱毛は事前に自己処理をしてから施術を受けるサロンがほとんどですが、もちろんVIO部位も自己処理が必要な場合があります。
どの程度処理するかは、どこまで脱毛したいのかとお店のルールによっても変わるので、事前にスタッフさんと相談しておきましょう。
施術のフローは、
1.着替えを済ませる
2.施術が可能かのチェック
3.ジェルを塗る
4.施術スタート
5.冷却・保湿をする
という感じで、だいたい20分程度で終了します。

VIO部位の施術時の体勢

VIO部位の施術時の体勢はサロンによって違いますが、ずっと開きっぱなしということはなく、必要な部位を必要な時間だけ見せていれば良いので安心しましょう。
それぞれの部位を簡単に説明します。
Vライン
少し足を開いた状態でベッドに仰向けになる。
Iライン
足を曲げた状態でベッドに仰向けになる。
Oライン
うつ伏せになる。場合によってお尻を左右に開くこともあり。

VIO部位の自己処理に関して

VIO部位の自己処理は、どんな形にしてどこまで処理していけば良いのか分からない人も多いものです。
VIO部位だけに限ったことではありませんが、自分では手の届かない部位の自己処理はしなくて良いサロンがほとんどになります。
ですから、危ないのに無理して処理をしていく必要はありません。
ただし、Vラインに関して希望の形がある人は形を整えてから行くと、施術中のスタッフさんとのやり取りがスムーズにいきますので参考にしてみてくださいね。

VIO部位の施術における不安

VIO部位の施術における不安は人それぞれですが、「恥ずかしさ」「臭い」「濡れ」の3つを心配する人が多いものです。
これらの不安の対処法と、スタッフさんの声をまとめてみましたので、不安がある人は一度目を通しておきましょう。

VIO部位は慣れれば恥ずかしくない!?

スタッフさんにVIO部位の脱毛についてインタビューしてみたところ、「全く気にしていない」と答える人がほとんどでした。
さらに、お客さんが緊張しないように積極的に会話をしてくれるスタッフさんが多いので、だんだんと恥ずかしさを感じなくなると答えるお客さんも多いものです。
中には眠ってしまう人もいるので、そこまで恥ずかしさを気にしなくて良いでしょう。

施術中における臭いの心配

臭いについては「できるだけ清潔にして欲しい」とスタッフさんは感じています。
できればシャワーを浴びてから施術を受けるのがベストですが、できない時は除菌シートなどで軽く拭き取るだけでもOKなので参考にしてみてくださいね。

濡れてしまう心配

極度に緊張したりVIO部位に機械を当てられることで、濡れてしまうのではと心配している人もいます。
こちらに関してもスタッフさんは特に気にしていないようで、もし濡れてしまっても施術に支障がない程度ならそのままにしておくので大丈夫です。
何かあった時でもプロなので適切に対処してくれます。

痛みを感じた時の対処法

VIO部位の脱毛は他の部位よりもムダ毛が濃くて太いため、痛みを感じやすいです。
もし、我慢できないほどの痛みを感じた時は、下記の3つの対処法を試してみましょう。
スタッフさんに相談をして、機械の光の出力レベルを下げてもらう。
施術後にすぐ冷やしてもらう。
施術後の保湿をいつもより念入りにやってもらうようにお願いする。

まとめ

VIO部位は人に見られたくない部位なので、施術をためらっていたり、毎回不安を抱えながら施術を受けている人は多いものです。
しかし、自分が思っている程スタッフさんは気にしていないので安心しましょう。
VIO部位は生理が楽になる、ムレや臭いなどを軽減できるなどのメリットがたくさんあるので、興味がある人はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ戻る