2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

脱毛通い放題のメリットとデメリットは?知っておかないと損をするかも

脱毛サロンのコースには、「通い放題プラン」と「回数プラン」のプランを設けているサロンが多くなっています。
通い放題の方がお得だと考えている人は多いと思いますが、通い放題にもメリットとデメリットがあるのです。
これを知らないと損をしてしまう場合があるので、契約する前にきちんと理解しておくことが、お得に脱毛を受けるコツと言えます。
そこで今回は「通い放題プランのメリットとデメリット」について説明しますので、通い放題プランを契約しようと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

脱毛の通い放題プランとは?どのサロンで受けられる?

近ごろはほとんどの脱毛サロンに通い放題プランがあります。
なぜなら、脱毛サロンの光脱毛は永久脱毛ではないので、ムダ毛を薄くすることが目的だからです。
一度ツルツルになるまで脱毛しても、しばらく経てば薄いムダ毛が生えてきてしまいます。
そうした時に回数プランではなく通い放題だと、ムダ毛が気になり始めた時にまた通うことができるので、多くの脱毛サロンで通い放題プランを設定しているというわけです。
この章では、通い放題プランのあるサロンを一覧でご紹介していきますので、通い放題プランにしたいと考えている人は参考にしてみてくださいね。

通い放題プランのあるサロンの一覧をご紹介!

現在、通い放題プランのあるサロンは下記のとおりとなっています。
※2018年5月現在
※価格は税抜き
それぞれのサロンで対象となる部位が違っているので、事前にどこが範囲に含まれているのか確認しておきましょう。
また、価格はあくまでもめやすです。分割払いをすると、上記の料金に分割手数料が上乗せされるので注意しましょう。

脱毛通い放題プランのメリット

光脱毛を受けるなら通い放題プランの方が、再びムダ毛が伸びてきた時でも安心できます。
それ以外には一体どのようなメリットがあるのでしょうか?詳しく説明していきます。

脱毛の所要回数は個人差があるから

ツルツルになるまでの回数は平均で12回ですが、ムダ毛の質によって変わりますし、人によっては効果が出にくいこともあります。
そのため、実際に通い始めてみないと、所要回数は分からないのです。
12回パックを購入して後からパックを追加するよりは、通い放題にした方が安い場合が多いので、脱毛費用の節約に繋がります。

ムダ毛は高確率で再発する

光脱毛は永久脱毛ではないので、一旦、施術が完了しても60%ぐらいの確率で再びムダ毛が生えてきます。
60%というと2分の1よりも多いので高確率です。
40%の確率に自分が入るのかどうかは分からないので、あらかじめ通い放題にしておいた方がお得になる可能性が高いと言えます。

脱毛通い放題プランのデメリット

ツルツルな状態をキープしたい人にとってはメリットが多い通い放題プランですが、もちろんデメリットもいくつかあります。
良い部分だけで判断せず、デメリットについても契約前にきちんと頭に入れておきましょう。

希望の日程が取りにくい

通い放題プランを設けているサロンのほとんどが、人気が高いために会員数が多く、なかなか希望する日に予約が取れなかったりします。
特に休日や平日の夕方以降など、予約が殺到しやすい日しか予定を空けられない人だと、3ヶ月以上先の予約しか取れない場合があるのがデメリットの一つです。

通い放題に油断してドタキャンしがち

通い放題のプランだとキャンセルしてもペナルティを受けないため、油断して頻繁にドタキャンをしてしまいがちです。
しかし、ドタキャンをすると毛周期とズレてしまう可能性が高く、予定よりも長い期間脱毛に通わなければならないこともあります。
ドタキャンは脱毛効果にも響いてくることは忘れないでおきましょう。

効果がなかなか見られないなと感じた時は?

もし、脱毛に通っていて「あまり効果が見られない」と感じた時は、一体どうすれば良いのでしょうか?
そのような時はまず、スタッフに相談をして光の強度を上げてもらいましょう。
光脱毛機の光のレベルは何段階かあり、中くらいのレベルからスタートする場合が多いのです。
強度を上げれば効果も強くなるので、効果が見られるようになる可能性があります。
また、ホルモンバランスの乱れも脱毛効果を下げてしまう要因の一つです。
施術の前後は規則正しい生活を心がけ、できるだけ体調不良にならないよう注意しておきましょう。

まとめ

脱毛サロンの通い放題コースは好きな時に好きなだけ脱毛が受けられる魅力的なコースですが、気を抜くと脱毛効果が上手く出ないなどのデメリットもあるので注意が必要です。
ムダ毛の量が多い人や、産毛レベルのムダ毛まで処理をしたい人におすすめですが、デメリットを理解したうえで契約をしていきましょう。

ページトップへ戻る