2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

脱毛の施術後はどう過ごしたらいい?重要なポイントをご紹介!

夏はいちばん脱毛したくなる季節。でもいちばん危険な季節って知ってましたか?

全身脱毛を受ける時はノーメイクが基本なので、その後に予定を入れるのを断念している人もいるかもしれません。
確かにメイクをしたままの施術はNGですし、体もベタベタしているのでとても出かける気分にはなれないでしょう。
しかし、施術前に準備をしたり、サロン選びを工夫することで施術後でも気持ちよく予定を入れられるようになるのです。
今回は「脱毛の施術後の過ごし方」についてのポイントをまとめてみましたので、脱毛をする日でも予定を入れたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

施術後に予定を入れるなら事前準備が大事!

脱毛後はすっぴん状態ですし、全身がジェルや保湿ローションでベタベタしているので、そのまま遊びに出かけるのはムリだと思っている人は多いことでしょう。
そうなるとその日は脱毛の予定のみになるか夜遅くの予約しか取れず、時間が有効に使えない気がしてしまいます。
しかし、事前に準備さえしておけば、いつも通り過ごせるので気持ちよく予定を入れられるのです。
まずは事前に持っておくと便利な持ち物をまとめましたのでご紹介していきます。

あると便利な持ち物

脱毛後も気兼ねなく出かけるには、脱毛に行く時に持ち物を工夫する必要があります。
サロンに完備されているものもあるので説明していきます。
【持って行くと便利なもの】
・普段使っているメイクポーチ
・ヘアブラシ
・髪の毛を縛るゴム
・制汗スプレー
・(帽子)

施術後はノーメイクなので、メイクポーチを持って行くと直してから出かけられます。
また、ベッドに寝たり顔の脱毛をしたりすると、髪の毛もぐちゃぐちゃになってしまうので、クシやブラシを持っていきましょう。
ヘアスタイルの乱れをゴムで縛ってカバーしたい時はヘアゴムを、被り物で隠したい時は帽子類を持って行くのもおすすめです。
また、夏場は施術によって汗をかくこともあります。
制汗スプレーや汗を拭き取るシートがあると、匂いを気にしなくて済むでしょう。


【サロンに完備されているもの】
・ジェルを拭き取るウェットティッシュ
・コテ
・ドライヤー
・化粧水や乳液

サロンに完備されているものはお店ごとに違いがありますので、事前にチェックしておき、ない場合は持参すると良いです。
ウェットティッシュはほとんどのサロンに完備されています。
いろいろと持参すると、荷物がいつもより重たくなってしまうかもしれません。
しかし、一度帰宅して出直すより効率が良いですし、他の予定を入れた方が1日の時間も充実するでしょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

施術前に気をつけておくことは?

それでは次に、施術前に気をつけておくポイントを2つご紹介します。
まず一つ目は「メイク」についてです。
顔脱毛をしない人はメイクを落とさなくても良いですが、施術でベッドに寝転がるとどうしても崩れてしまいます。
もう一つの注意点である「ヘアメイク」も、どれだけ気を遣っても全く乱れないことはありません。
濃いメイクや手の込んだヘアスタイルにしてしまうと、施術後のお直しに時間がかかってしまいます。
施術室やメイクルーム、お手洗いなどサロン内の設備は、長時間利用すると他の人の迷惑になるので注意が必要です。
そのため、できるだけお直しに時間がかからない状態、もしくは多少崩れても問題のない状態で向かうのをおすすめします。

メイク室が充実しているサロンをご紹介!

お店によっては、メイク室やパウダールームが完備されているので、そこを利用してメイクやヘアのお直しができます。
充実しているサロンだと、メイクポーチ一つでお直しが完了するので便利です。
メイク室が充実しているサロンを4つご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

上のAさんのように、施術後に予定を入れたいのにメイクが十分にできないことを理由に予定を断念している女性は多くいます。
各サロンのメイク室がどの程度充実しているのか把握しておけば、自身の予定と脱毛を両立することができるかもしれませんね。


銀座カラー

銀座カラーのメイク室には、
・ドライヤー
・綿棒
・コットン
・保湿ローション
が完備されています。
保湿ローションは、有料ミストマシンで使用しているものなので保湿力が高いです。
スキンケア用品が不要なので嬉しいですね。

C3(シースリー)

C3のメイク室には、
・ドライヤー
・綿棒
・コットン
・ヘアアイロン
が完備されています。
施術室にドレッサーがあるタイプか共有スペースになっているタイプか、店舗によって別れているので事前にチェックしておきましょう。

ストラッシュ

ストラッシュのメイク室には、
・綿棒
・コットン
・マスク
が完備されています。
種類は少ないですが、ノーメイクで帰りたい人にとってマスクはありがたい備品でしょう。

キレイモ

キレイモのメイク室には、
・コットン
・化粧水
・乳液
・クシ
などが完備されています。

今回ご紹介したサロンの中では、最も完備されているものの種類が豊富です。
個室ではないですが、お茶を出してくれるのでリラックスしてメイク直しができます。

まとめ

私も初めて脱毛を受けた時はメイク室があることを知らず、そのまま帰宅する予定にしていました。
しかし、メイク室が充実していることを知ってからは、予定の合間を縫って脱毛をしていたので、丸1日ムダにすることなく充実した日々を送れています。
荷物が多すぎるとお出かけも大変になってしまうので、メイクポーチ一つで間に合うサロンを選ぶのがおすすめです。
脱毛の後でも快適に過ごせるよう、工夫して施術に向かいましょう。

ページトップへ戻る