2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

元脱毛サロン店長が伝授!後悔しないトライアングル脱毛の形選びとは?

VIOの形によってはあとで後悔してしまうことも!

皆様「トライアングル脱毛」というのはご存じでしょうか?
トライアングル脱毛とは、パンティーの中のアンダーゾーンが「逆三角形状」に見えることで表現されはじめた呼称ですが、もちろんその形自体は、ノーマルな逆三角形から卵型や台形まで様々な形がありますが、主にアンダーゾーンを正面から見た場合の脱毛箇所の表現に使われます。
今回は、10年後、20年後も後悔しない「トライアングル脱毛」をご一緒に考えてまいります。

ハイジニーナにして後悔する場合もある

アンダーゾーンは女性にとって大切な箇所です。
勢いで毛をまったくなくすハイジニーナを希望して、脱毛完了まで施術した場合、何年かして「やっぱりこんな形ににするんじゃなかった」と後悔してしまう方も少なくありません。
一度トライアングル脱毛を完了してしまって、後でやっぱり毛を増やしたい!となられても取返しがつかないため、その形は一生後悔しないように慎重に決めるべきと言えます。

トライアングル脱毛の人気の型とは?

トライアングル脱毛に際し、アンダーヘアーの形はある程度のパターンがございます。
主なパターンとしては以下のようになります。

※※ここに画像が入る

現在人気の脱毛サロンのチェーン店のほとんどは、VIOの事前シェービングを「お客様で来店前にお願いします」というスタイルをとっているところが大半です。
正直、脱毛に通う方のお客様の立場からしますと、プロのエステティシャンにシェービングを任せたいところではあると思います。
しかし、基本的にエステサロンは「シェービング」をして良い公の許可を持っていないので積極的に「シェービングをお手伝いします!」ということができないのです。

VIO脱毛は完了までかなり時間がかかる部位の為、長い目で見てご自身の理想の形のアンダーヘアを目指すためにも、トライアングルゾーンのシェービングでの形の作り方はご自身でぜひ覚えましょう。
そしてご自身のご希望の形を予約当日担当者にきっちり伝えましょう。

ナチュラル型の自己処理法は?

アンダーヘアの形はあくまで自然が一番!という保守派の方には、「ナチュラル型」や「トライアングル型」が人気です。
これらの形はあくまで毛をある程度残して生かす事を前提としています。
将来的には、40~50代になる頃にこの残した毛に「白い毛」が出てきた頃に焦ってもう一度残した毛を脱毛するという方もいます。

Vライン、Iラインを以下の方法に従ってシェービングで事前処理を行ってください。
その自己処理を行った部分を施術予約当日担当エステティシャンの方に脱毛機をあててもらいましょう。

Vラインのシェービング方法

パンティーラインのやや内側を剃っていき、トップは恥骨の上あたりでまっすぐ、または丸目が好みの方はカーブを描くような形でシェーバーで剃りながら整えます。

Iラインのシェービング方法

この形にされる方のIラインの作られ方は2通りあります。

A. 正面から見た毛は残し、Iライン部分はシェーバーで全剃り
B. パンティーのラインやや内側に沿って毛を整える
より「自然な形」にあくまでこだわられる方はBをお選びになりますが、生理やおりものが気になったり、またハイレグの切れ込みが入ったような水着やスポーツウェアを着用される方はAをお薦めします。

完全ツルツルのハイジニーナにする理由とは?

女性同士で銭湯にでも行かない限りは、他人のあそこをマジマジと見る機会はありませんが、皆様がご想像されておられる以上に「ノーヘアー」をご希望される方は意外に多いものです。
その理由としては以下のような事が挙げられるためです。

・彼氏、ご主人が毛のない状態を強く希望されている
・お仕事上で切り込みの入った衣装を着たり、そのような衣装で人前に出る機会が多い
・生理ナプキンでかぶれやすい 

男性はかなりの割合で「ノーヘアー好き」の方が多いです。
また、50~60代になった際に、アンダーヘアーが白くなってしまう事を見越して、ハイジニーナにしてしまうという場合もあります。
ハイジニーナ派が必ずしも「男性の目だけを意識している」わけではないのです。

ハイジニーナ派の自己処理方法

ノーヘアーの場合の自己処理は「とにかくすべての毛を自己処理する」という事ですので、まさに考える必要もなく、シンプル・イズ・ベストです。
ただ、Iラインの粘膜ギリギリのところは危険なため、くれぐれも慎重に、時間をかけてゆっくり処理をするようにしましょう。
できれば前日で、当日予約時間ぎりぎりなどに処理をすると事故が起こりすいので気をつけてください。

ナチュラル、ハイジニーナ以外は?

同じトライアングル脱毛でも、毛の全体量を減らしたいという方、またハイジニーナは銭湯に行くときなどに恥ずかしいという方は、その他の形を選びましょう。
形はあくまでご自身のお好みですが、人気なのは、「Iラインに沿った細長い形」です。
ハイレグ水着など着るものを選ばない為、思いのほか使える形であり、ご希望される方も多くおられます。
また、これらの形にするメリットは、将来的な問題もある程度クリアでき、かつ銭湯など人目に触れる場所でもそう恥ずかしくありません。
「半分ナチュラル、でもツルツルにも憧れる」という欲張り派の形にはぴったりと言えます。

その他の形の自己処理方法

これらの形の自己処理方法は上記の「ナチュラル派」の応用編です。
Vライン部分は、鏡を見て上のイラストのようにお好きな形にシェーバーで整え、その剃ったところを脱毛機をあててもらいましょう。
そしてIラインは上記ナチュラル派の項のA.またはBのシェービング方法をご参考にしてください。

まとめ

今回は、人気のトライアングル脱毛についてお話させて頂きました。
せっかく予算と時間をかけて脱毛するなら、10年、20年後も後悔のない形を選びましょう。

ページトップへ戻る