2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

除毛クリームは肌に優しい!おすすめクリーム3選

除毛クリーム、使ったことありますか?

ムダ毛の処理の時に毛を剃るという方が多いかと思いますが、剃ったあとのジョリジョリや毛穴の黒ずみは気になりませんか?
私は、誰かと不意に肌が触れた時にチクっとして、なんだか少し気まずくなった経験が何度もあります。
除毛後のチクチクの原因は、実は剃刀にあるんです。
除毛クリームを使えば、除毛後の毛のチクチクも気にならずに、ムダ毛の処理が出来るんですよ。
また、剃刀と違って、除毛クリームは刃物で肌を削ることがないので、お肌に優しく除毛することも出来るんです。
今回は、 おすすめの除毛クリームを紹介していきたいと思います。

剃刀と除毛クリームの違い

毛を剃っても、クリームで除毛しても同じだと思いませんか?
どちらも脱毛ではなく、毛を一時的になくすだけなので同じような感じがしてしまいますが、除毛の過程も結果も全然違うんですよ。

カミソリの場合

剃刀は、肌の上に平行に剃刀を滑らせ除毛します。
肌から出ている部分の毛を切り落とすような仕組みになっています。
切られた毛は断面状になっているので、角が尖り、肌が触れた時にチクっと刺さるような感覚になるんです。
剃刀の場合は、除毛の感覚は平均2〜3日となっています。

除毛クリームの場合

除毛クリームは、アルカリ性の薬剤を肌にのせて、毛を溶かします。
毛が溶けるので、その毛が伸びてきても、毛先が丸いので痛いと感じることはありません。
また、次の除毛までの期間は平均で5日〜1週間程度と言われています。
剃刀に比べ、除毛の回数が減るという点でも、肌に優しい除毛方といえます。

除毛クリームの使い方

では、実際に除毛クリームを使う際の手順を説明していきます。
除毛クリームは、正しく使用することで効果を引き出すことが出来ますのでしっかり確認しましょう!

パッチテストを行う

肌に薬剤が合わない可能性がありますので、テストを行うようにしましょう!
少量を肌にのせ、炎症やかゆみが出ないか確認します。

脱毛したい箇所にクリームを塗る

乾いた肌に直接クリームを塗っていきます。
肌と毛が隠れるくらいの量を塗ります。
大量に塗る必要はありません。
肌が汚れている場合は、先に綺麗にしタオルドライをしてから行うことをおすすめします。

一定時間置く

説明書に書いている分数を確認し、その分だけ待つようにします。

拭き取る

強くこすらず、優しく拭き取ります。
専用のスポンジが付いている場合はスポンジを使用し、ない場合はタオルが好ましいです。

洗い流す

薬品が体に残らないよう、シャワーで洗い流しましょう。

おすすめ除毛クリーム

除毛クリームはたくさん種類があり、どれが良いか決めるのは難しいですよね。
でも、選び方は意外と簡単!
自分の肌に合ったもの、そして脱毛部位に合ったものを選ぶようにしましょう。
例えば、敏感肌用のクリームやデリケートゾーン用のクリームがあったりもするので、しっかりと自分の肌質等を確認して購入すると、失敗せずに済みますよ。
今回私は、ボディー用の除毛クリームでおすすめしたいクリームを3つご紹介しようと思います!

Veet ナチュラルバスタイム 除毛クリーム

世界シェアNo.1のヴィート。
有名なので、見たことがあるパッケージだと思います。
種類が豊富で、敏感肌用のものもあります。
世界的に人気のメーカーなので、旅行先で購入することも可能というのもおすすめポイントです!
価格も800円代〜購入することが出来るのでとってもお買い得です。
Veet ナチュラルバスタイム 除毛クリーム

パイナップル豆乳除毛クリーム

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳クリームは非常に優秀な商品です。
ハーブのエキスを配合しているのでお肌に優しい上、イソフラボンの成分で美肌効果もあるそうです。
抑毛ローションと一緒に使うとさらに効果が期待出来そうですね!
価格は公式サイトで2600円で購入可能となっています。
パイナップル豆乳除毛クリーム

ディー・レジーナ・エピ・プレミアム

こちらはVラインの太い毛も除毛可能。
また、キャップと本体が一体のワンタッチ式なので使い勝手の良さも魅力です。
見た目もオシャレで匂いもツンとした薬剤の匂いがしないので、いかにも除毛剤という感じがなく女子力が上がりそうな商品ですね!
価格は2500円〜3000円くらいで購入出来ます。
ディー・レジーナ・エピ・プレミアム

自己処理のデメリット

便利な除毛クリームですが、メリットだけではないので注意点も確認しておきましょう!
まず、体調や肌の状態によっては肌荒れを起こす可能性があります。
また、除毛クリームは手軽で簡単ですが、永久脱毛ではありませんので、定期的に処理を続けなければなりません。
最後に、コストパフォーマンスが悪いという点があります。
1つ1つは高くはないですが、安くもない値段設定ですよね。
何度も買い直すということを考えると、むしろ高いといえるでしょう。

まとめ

手軽で、簡単にムダ毛を処理出来る除毛クリーム。
そんなメリットがいっぱいの除毛クリームですが、デメリットもあります。
除毛クリームのデメリットが気になるという方は、脱毛することをおすすめします。

ページトップへ戻る