2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

自己処理なら女性用シェーバーが最適!?おすすめ3選

カミソリとシェーバーは全然別物なんです!

気になるムダ毛。
ついついカミソリでささっと剃ってしまいたくなりますよね!
女性なら、誰もが一度はカミソリを使って自己処理したことがあるのではないでしょうか。
ちなみに、シェーバーって、使った経験ありますか?
おそらく、多くの方の答えはNOですよね。
シェーバーと聞くと男性の髭剃り用というイメージがあったり、お金がかかりそうな気がしてしまい、カミソリに比べると手に取りづらいものかもしれません。
また、種類も多くどれが良いのかよく分からないというのもありますよね。
でも、シェーバーはお肌に優しく自己処理が出来るので実はとってもオススメなんです!
今回は、シェーバーのメリットやデメリットにも触れながら、おすすめの女性用シェーバーをご紹介したいと思います!

気になるみんなの自己処理方法

みんなはどんな風にムダ毛を処理しているのか、気になったことありませんか?
でもなかなか聞く機会ってないですよね。
自己処理はいくつか方法があります。

・カミソリで剃る
・除毛クリームで溶かす
・毛抜きで抜く
・ワックスで抜き取る
・家庭用脱毛器を使う
・シェーバーで剃る

以上が主な自己処理方法です。
多くの方は、カミソリを使用しているのではないでしょうか。
脱毛に通う人も多いので、抜くより剃る方が一般的な方法でしょう。

シェーバーを使うメリットは?

簡単に処理出来るし、コストも低いし、カミソリの方が良い!
と思う人もいるかもしれません。
でも、カミソリに比べ、シェーバーは肌に優しいんです。

カミソリのデメリット

カミソリを使用すると、実は毛と一緒にお肌も少しずつ削ってしまっているんです。
その結果、肌が乾燥したり、うるおいのない肌になってしまいます。
また、体の曲線に刃が対応出来ず肌を傷つけてしまうこともありますよね。
切れてしまったところから雑菌が入り、炎症ができたりニキビになることも珍しくありません。

シェーバーのメリット

シェーバーは、歯が直接肌に当たりにくい構造になっているため、深剃りしにくく安全に除毛することが出来ます。
その安全性から脱毛サロンやクリニックでは、前日の除毛を電気シェーバーで行うようすすめているところも多いんです。
せっかくムダ毛を処理するならお肌もきれいでありたいですよね。
またシェーバーは価格がそんなに高くないので、気軽に購入可能。
カミソリを何度も買い替えるより、トータルコストは安いかも知れません!

電気シェーバーにもデメリットはあるの?

メリットがたくさんの電気シェーバーですが、デメリットもありますのでしっかりと確認しておきましょう!

カミソリ負けすることがある

電気シェーバーを使っていても、まれにカミソリ負けを起こすことがあります。
刃の交換や掃除を怠ることが原因となるので、しっかりと管理することで予防出来ます。

脱毛よりは早く毛が生えてくる

シェーバーは毛を剃る機械であり、抜くものではありません。
原理はカミソリと同じなので、比較的早く毛が表皮に出て来ます。
出て来た毛がチクチクする点もカミソリと同じです。
肌触りの良いお肌を手に入れるには、脱毛をするしかありません。

オススメ電気シェーバーTOP3

電気シェーバーというと、男性用の髭剃りを想像してしまいますが、小さいものやカラフルで可愛いものもたくさん出ているんです!
大きく分けると、フェイス用、デリケートゾーン用、ボディー用と3種類に分けることが出来ます。
今回はボディー用のシェーバーで、オススメのものを選びました!

フェリエ(Panasonic)

ボディーとフェイスという種類がありますがどちらも、ペン型のシェーバーで、とってもコンパクトなんです。
細いので小回りが利き、カミソリでは難しいような部分も簡単に剃れます。
フェリエフェイスでも、顔の産毛から体(VIO も含む)のムダ毛全部に使用可能。
また、こちらはカラーバリエーションも豊富で、コスメポーチに入れて持ち歩いても違和感ありません。
いつでもどこでも、気づいたときに処理出来ちゃいます。
価格は1500円~2000円と、とってもお買い得。
試しに1本買ってみるのもありかもしれませんね。

フェリエ(Panasonic)

ソイエ(Panasonic)

ソイエはシェービングと脱毛のどちらも出来る優れもの。
さらに角質オフ機能も付いています。
ムダ毛処理しながら、お肌のお手入れが出来るのはうれしいですよね。
お風呂で使用することも可能なので、衛生的にムダ毛処理が出来ます!
旅行の時にも、友達や彼にバレずにムダ毛処理出来るのは防水機能付きのシェーバーだけ。
LEDライトも付いていますので、細かい部分や影の部分もしっかり確認しながら処理できます。
価格は、1万円前後となっております。

ソイエ(Panasonic)

シルク・エピル・レディーシェーバー(ブラウン)

ムダ毛の長さに合わせ、4種類のアタッチメントを付け替えて処理することが出来ます。
アンダーヘアの処理などに最適ですね。
また、こちらの商品はヘッドの部分が動くタイプになっているので、体の曲線の部分にもしっかり対応してくれます!
さらに、丸洗い可能なので、除毛後の毛の掃除の手間が省けてとっても便利。
ブラウンといえば、男性用の髭剃りの有名メーカーですよね。
なので安心して使うことが出来ます。
またこちらのシェーバーは、女性のためのカラー展開で、ピンク・ホワイト・ブルーの中から選ぶことが出来ます。
価格は1500円~2000円と、お手頃価格になっています。

シルク・エピル・レディーシェーバー(ブラウン)

まとめ

お肌のためにも、ムダ毛を処理するなら電気シェーバーで行いましょう。
最近では、化粧ポーチに入れられるくらいの小さなものもありますので、手軽にいつでもどこでも除毛出来て嬉しいですね。

ページトップへ戻る