2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

私たちの体験談①★20代女性2名が語る全身脱毛の本音とは!【前編】

これから脱毛したいと考えている人にとって、すでに脱毛している人たちのリアルな声はなによりも参考になるものですよね。
各クリニック、サロンともに、料金プランもキャンペーンもさまざまで、みんな実際いくらくらいで脱毛してるの?
全身脱毛がお得なの?痛みは?施術のときはどんなかんじ?などなど、気になることはたくさんあるのではないでしょうか。
当サイトではそんな脱毛初心者のために、ネットの口コミなどとは違う、脱毛女子のリアルな声をお届けしていきます!
第1回の今回は全身を脱毛中の20代前半女性2名が登場!

脱毛を始めたきっかけから、脱毛時の様子まで、赤裸々に語っていただきました。

今回お話してくれた人
プロフィール
・Aさん 21歳 通っているクリニック:ストラッシュ 2016年から全身脱毛中。(全18回) ・Kさん 20歳 通っているクリニック:ドクタークリニック 全身脱毛中(全12回)

きっかけは従姉妹と街頭インタビュー


ー最初に簡単な自己紹介をお願いできますか?
Aさん「年齢は21歳です。通っていたサロンは、地元・横浜にあるストラッシュです。
もう半分以上終わっていてもうすぐ終了です。
18回コースで次が14回目になります。2016年12月2日から通っています。
他のサロンへは行ったことはありません。」


Kさん「大学2年生の20歳です。居住地は世田谷区の駒沢です。
通っているクリニックは渋谷のドクタークリニックという所です。
チェーンではなく、個人営業のサロンだと思います。
渋谷に1店舗あるだけだと思います。一応12回コースなのですが、個人経営なので何回でもできると聞きました。
今はまだ2回目です。去年の年末から始めました。私も他のサロンに行ったことはありません。」


ー脱毛の体験について伺いたいと思います。体験カウンセリングがあると思いますが無料カウンセリングまでの流れ教えていただけますか?
Aさん「どこが良いかわからずずっと悩んでいたときに4個上の従姉妹がストラッシュに通い始めたと聞きました。
知り合いが実際に行って良いと言っていたので、私もそこに行くことにしました。
やりたいと思った時にちょうど良くチャンスがありました。
電話で体験カウンセリングの予約を取りました。
カウンセリングの予約を取りにくいと言うことも特にありませんでした。
「この日に行きます」と希望の日時を伝えて日にちは決まりました。
今でこそ混んでいるようですが、その頃はまだ混んでいなかったで、簡単に取れました。」


Kさん「私は渋谷を歩いている時に声を掛けられました。

悪徳商法かなと思いましたが、時間があるので話だけでも聞いてみようと思いました。
最初脱毛に関するイメージなどのアンケートを答えさせられました。
アンケートの人から脇を3回無料でやるか、顔のピーリングが無料であげるだと言われました。

ちょっと怖いと思いましたが、面白そうだったので脇3回無料でお願いしますと伝えました。
危ないなと思っていたもののすぐに逃げられるなと思ったのでついて行きました。
クリニックに入ってから脱毛について詳しく話を伺いました。
ドクタークリニックは医療系の脱毛という説明を受けた後、ミュゼなどとの違いについても教えていただきました。
元々、脱毛に興味がありました。有名な企業で脱毛を受けるとお金がかかる印象でした。
医療脱毛が良いよという人もいれば、サロンの方が良いよと言ってくる友達がいたので悩んでいました。
ちょうど迷っていた時に声を掛けられました。」


無制限を選んでも無限には行かない


ーカウンセリングの記入するものや、どういうことを聞かれたか、だとか、値段について伺いたいと思います。行く前に18回に決めていたのか回数がわからずに行って18回にしたのとでは、どちらでしょうか?
Aさん 「その時は従姉妹経由だったので親が一緒についてきました。
従姉妹と同じコースになりました。実際にカウンセリングに行って他者との比較を聞いたりしました。
色々なコースがありました。無制限のコースがあったりしましたが「あまり値段は変わりません」と言われました。

無制限でもずっとは行かないだろうと思い従姉妹と同じ18回のコースに決めました。
12回のコースもありましたが、18回なら足りないと言う心配もないと思うので最終的には18回にしました。
また、カウンセリングの中で肌質についても聞かれました。他は特に聞かれませんでした。


ー肌質はどのような質問をされましたか?
Aさん「元々親から18歳になるまでは脱毛してはダメと言われていました。
皮膚が弱いからです。特に顔の皮膚が弱いので、脱毛の機械の影響がないかなども尋ねました。
“脱毛することによって寧ろ肌荒れが治り綺麗になりますよ”といった事を言われました。」


いずれもパッチテストはなし


ー肌質を弱いとAさんが伝えて、それをカウンセラーの人がちゃんと聞いてくれたと言う事でしょうか?
Aさん「はい。”何か心配ごとはありますか?”と聞かれて、肌が弱い旨を伝えました。
脱毛の機械を使うのが初めてだったので、「熱を当てて炎症したりしませんか?」と自分から尋ねました。
それに対してはきちんと答えてくれました。」


ーカウンセラーから肌の試験をしますか?という提案はありますか?また、手の小さな毛で試したりしたら安心に繋がりますか?
Aさん「そういったテストはありませんでした。
あったら安心かもしれません。心配性の人にとっては安心に繋がると思います。
ただ、私は心配するわりに別にいいや、なった時にどうしようというタイプです。
本当に心配性だったとしたら、パッチテストの結果で後押しされると思います。
熱さなどもやった事がないとわからないので、そういった意味で、指などで試すのは良い事だと思います。
痛くないと言われているけども、本当はどうなのか知る事ができるからです。」


どうしても脱毛したくて勝手に契約。クーリングオフへ


ーKさんは声を掛けられた時のアンケートにどういう事を書かれましたか?
Kさん「声を掛けられた時のアンケートでは、”男性の気になる毛”についてでした。
それと、自分自身は脱毛する気がありますか?という質問でした。
丸をつけるタイプの項目もありましたし、「もし脱毛するならどこをやりたいですか?」という項目もありました。
私は脇をやりたいです、と回答しました。」


ードクタークリニックは男性のクリニックなのですか?
Kさん「いえ、女性向けのクリニックです。
これから男性向けにも展開して行こうとしているのかなと思いました。」


ーアンケートが終わって付いて来ればサービスしますよという事でしたが、それは今すぐ付いて来れば適応されるというものでしょうか?
Kさん「はい。そういう類のものでした。
一緒にお店についてきて、その場で予約を取れば脇を3回無料にしてくれるというものでした。
20歳以上は親の同意が入らずに契約ができるので、契約する前までなら良いかなと思いました。
その日に「無料体験の予約を入れてください」と言われたので予約を入れました。行ってその日に脱毛はしていないです。」


ードクタークリニックの店舗に行った後、その場では何か事務手続きなどをされたのですか?
Kさん「手続きというよりも次いつにするのかという予約をしました。
あとは肌質と言いますか、そういう個人情報について話し合いました。
最初はモニター扱いでした。脇の予約を入れる時はあまり詳しく聞かれませんでした。
カウンセリングに行った時は脱毛とはについて話されました。」


ーその内容はいかがでしたか?
Kさん「わかりやすかったです。」


ーその時に脱毛以外もしたいというお話もありましたか?
Kさん「”うちのクリニックでは脱毛の他に顔のピーリングなどもあるよ”と言われました。
その時、皮膚科でニキビを治していたので、他のところはいいかなと思いました。


皮膚系は大丈夫ですと断りました。」
ーその時の予約は取りやすかったですか?
Kさん「はい、全然取りやすかったです。」


ー来店してすぐにやるという手順でしたか?
Kさん「脇だけすぐにやりました。バチっとされました。

それが終わったときに「全身脱毛はいかがですか?」と勧誘されました。
ちなみに今やっている部位は、全身です。
全身脱毛やりませんかと誘われてやることにしました。」


ーその時、全身コースについてはどのような説明がされたのですか?
Kさん「一応、”路上アンケートで来てくれた人はモニターさん扱いなので、全身脱毛をしてくれたら普通よりも安くしますよ!”と言われました。
嘘だろと思いながら「今契約しないとダメですか?」と尋ねたら「今契約してください」と言われました。
やろうかなと思い契約しました。」


ー最初は脇だけをやろうとしていた中で、説明を聞いて脇以外もやった方が良いかなと思われたということでしょうか?
Kさん「そうですね。毎日剃ってはいなかったのですが、よく剃刀負けをしていたので今やってしまった方が良いのかなと思いやりました。
“トータルでかかる剃刀代やその他の除毛代を考えたら若いうちに脱毛してしまった方が良いですよ”だとか
“長い時間がかかりますし、いまの若い時期が一番肌を見せたい時期だと思うので今やりましょう”と言葉巧みな話術で勧誘されました。」


ーその勧誘は高圧的で断れない雰囲気のものでしたか?
Kさん「断れないなという感じではありませんでしたが、ものすごくグイグイ来る感じでした。」


他社と異なるストラッシュ


ー実際にカウンセリングの時間がどれくらい掛かったかについて覚えている範囲で良いので教えていただけますか?
Aさん「1時間は掛かっていないと思います。
回数やコースの説明をバーっとされました。
選ぶというより、行って話を聞いて決めるというつもりでいました。
他社と比較するつもりもなかったので、向こうが勧誘してくる前にコースを決めました。割とすんなり終わりました。
1時間以内です。すでにここに通うと決めていたので、迷う時間はなかったです。」


ーストラッシュは機械が優れていることで有名ですが、それについて事前に調べたりはされましたか?
Aさん「多少、どんなところかについてはホームページを見ました。
1ヶ月に1回の頻度でできるという事に関しては冊子を見ながらカウンセラーの人から聞きました。
「他社では肌の状態を考慮して2ヶ月に1回が普通だけれども、ストラッシュは1ヶ月に1回でき、掛かる期間も半分ですよ」と言われました。
学生のうちに終わらせてしまいたいと思ったので、すぐに決めました。」


ーKさんは記入するときと脇を終えた時はどれくらいの時間が掛かりましたか?
Kさん「脇はすぐに終わりました。診察室に入ってから5〜10分くらいで終わりました。
全身の説明の時は1時間くらいかかりました。

その日に契約しないと行けなかったので、契約の詳しい話についてもその時に話されました。」


ー脇しかやるつもりがなかった中で、全身の説明を受け、その場で契約されていますが、それはなぜですか?
Kさん「親は脱毛に反対派なのです。先に行動する必要がありました。
契約したといえば親も反対しないだろうと思い、契約しました。< br> 母親は薄くて脱毛する人の気持ちがわからないのです。それで先に契約しようと思いました。
お金は親が出してくれます。あまりお金のことは考えていませんでした。
契約内容はしっかり確認しました。

何日以内であれば契約を破棄できると言った話があったので、
親に伝えた後に反対されてもクーリング・オフすれば良いや!と思いました。」


ー振込先などを記入される時は誰の口座を記入したのですか?
Kさん「ひとまず自分の口座を記入して後で話をつけようと思いました。
元々ローンを組むなと親に言われていたので、これがローンなのか!と学びました。
これを親に言ったら、絶対に契約破棄しないといけないなと思いました。
ローンは手数料がかかるので、カード会社の契約書とクリニック側の契約書の計2枚の契約書を書きました。
帰宅後、契約した事を親に伝えると案の定怒られました。
そして契約を破棄しました。クーリング・オフを利用しました。
ただ親と話し合った結果、そんなにやりたいなら一括払いでやりなさいという事になりました。作戦通りでした。」


ー契約破棄の手続きは面倒臭かったですか?
Kさん「さすがにちょっと面倒くさかったです。
信販会社との契約は私と信販会社との契約なので、クリニックを通せないのです。
ですので、自分でクーリング・オフの書類を書いて郵送で送りました。
こういう手続きは自分でやりました。
一応、クリニックが手続きをしてくれるのですが、母曰く「信用できないから自分でやりなさい」との事でした。
万が一、クリニックが忘れていてクーリング・オフの日数を過ぎてしまったらアウトですよね。なので自分で出しなさいという事でした。
年末で営業がどうなるのか心配だったので速達で出しました。
一応、三が日はどういう扱いになるのか営業日にカウントされるのかについて自分で電話して確認しました。無事破棄できました。
次の日、母と一緒にクリニックへ行き、契約を全て破棄してからもう一回、一括で再契約し直しました。」


ーAさんは支払いをどういう風にされていますか?
Aさん「支払いは親が一括で支払ってくれました。
1月生まれなので契約時はまだ19歳だったのです。
親の同意が必要なのでお母さんと一緒に行きました。

親も承諾した上で行っているので、お金に関しては親が支払ってくれる予定でした。」


ーお母さんも内容を理解されていたのでしょうか?
Aさん「親は毛が薄く脱毛が必要ない人でした。
私が高校生くらいの時から脱毛したいと言っていましたが、その時は”いらないよ。歳を取れば毛なんてなくなるでしょ”と言われていました。
大学に入ってから18歳過ぎたしもういいよねと言い続けてきました。
その時に親は「良いところがあればね!」と言いました。

言い通せば割と聞いてくれる親です。
そんな時に従姉妹が通っている話を聞き、「じゃあ行こう。契約しに行こう」という形で行きました。」


話しかけて欲しくない時は意思表示カードで伝える


ー実際にお店に行った時の、お店の雰囲気やスタッフさんについて教えていただけますか?
Aさん「施術スペースは3部屋あるのですが、天井は吹き抜けです。
部屋に入るときはドアで入る形になります。
パーテーションで仕切られていました。

見えないけれど、音は聞こえるという感じでした。完全に仕切られてはいませんでした。
スタッフさん曰く3ヶ月前までは、たくさん話しかけるという風にしていたそうなのですが、最近制度が変わったそうでなるべく話しかけないようにしたらしいです。
どうやら話しかけて欲しくない人が多いと気づいたらしく、制度を変更したそうです。
話しかけて欲しくない人は施術台の上に意思表示カードを裏返して掛けておいてください、という仕組みもできたそうです。
その人によって対応を変えているようでした。ただ、基本的にキャピキャピ系です。
スタッフさんは基本的に同じ人に当たったことがないです。
店舗をローテーションしているのかなというレベルで同じ人に当たらないですね。」


ースタッフさんに話しかけられる内容は、毛に関することだったり、普通のプライベートな話だったりすると思いますが、どちらだったら良いですか?
Aさん「私は別に何を話しかけられても気にしないタイプなので、美容系の話をたくさんされるよりかは日常に関する話をしてくれたほうが良いです。
そこまで美意識が高い女子ではないからです。
“◯◯をしたら効果がありますよ”という話は施術後にされますが、
施術後は「バイトとか今はされているのですか?」と行った他愛ない話もしますね。
私にとっては苦痛ではありませんね。
疲れているときは意思表示カードをひっくり返しておけば良いので、施術中のコミュニケーションを苦痛に思うことはありません。」


ー完全に区切られていない事に関してはどうお考えですか?
Aさん「割とそういったことを気にしないタイプなので気にしていません。
自分も声が出ないですからね。機械の音は勿論あって然るべきだと思います。
特に聞かれて嫌な内容も喋っていないのでその点に関しては気になることはありません。

あとは隣と施術時間が被らないように配慮してくれているそうです。」


ーKさんはスタッフさんの対応についてはいかがですか?
Kさん「みなさん明るい雰囲気です。
スタッフさん同士も仲が良さそうですね。
お店がそこまで大きくないので、行くときはいつも同じスタッフさんがいます。
そして担当してくれるスタッフさんも同じ人です。
機械がいじれる人がそこまでいないのだと思います。」


ーお店の空間はどうなっていますか?
Kさん「先生がいる部屋と施術部屋が3つあります。
施術室は同じくらいの大きさの部屋が2つと1番大きい部屋が1つあります。
初回に必ず先生から説明を受けないといけないのです。

どうやら医師免許のある人が話すという決まりがあるらしいのです。
法律なのか病院のルールなのかはわかりません。
ピーリングなどもその先生が担当しているので問診の役割で存在しているようです。
そうした肌のケアも担当しているようです。

機械を動かす人は一般のスタッフさんで施術をする人と医師免許を持っている人は別です。
入り口だけカーテンで仕切られています。あとは全部壁です。
人とあまり被らないように調整していると思います。丁度私がきた時に前の人が帰るようにしているようでした。」


-ありがとうございました!

当サイトでは今後も引き続き、脱毛体験者のリアルな声のレポートを続けていきます!
こうご期待ください!!
後編はコチラ

ページトップへ戻る