2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

親の介護で気が付く!? 将来に備えた40代50代女子のVIO脱毛のススメ

いつかはやってくる可能性が高いその時のために、VIO脱毛する方が増えているんです。

今や脱毛を考えるのは20代、30代の女性ばかりではありません。
アラフォー世代、アラフィフ世代のみなさんの中には、ご主人やご自身のご両親が体を壊され、介護や身の回りのお世話をしているという方もいるのではないでしょうか。
また、友人・知人の親御さんに介護が必要になったという方を目の当たりにするなど、いずれにしても「介護」というものが、まったくの無縁ではないと思わざるを得ない世代であることは間違いありません。
そして、こういった体験を通して、ご自身も将来誰かに「介護」をされる立場になる事をリアルに実感される事もおありではないでしょうか。
今回は真面目なお話として、そんな「大人女子」の皆様にいつかやって来るであろうご自身の将来に備えた「VIO脱毛の必要性」についてお話します。

将来の介護を見据えたVIO脱毛をなぜ今やる必要があるの?

既にどなたかの介護を経験された方であればリアルに体感されたと思いますが、「介護」とは、「下の世話」ごと誰かにお願いすることになるのです。
アンダーヘアーがお手入れされていない状態の場合、アンダーヘアーにも排泄物が付着しやすくなってしまい、衛生的な問題もさることながら、下着を誰かに取り換えてもらう事一つにしても、アンダーヘアーがない方がスムーズに行えるでしょう。
また、白髪だらけのアンダーヘアーを見られることも、いくら年老いているとはいえ、女性としては葛藤があることは想像ができます。

こういった、いつかくる将来の自分に備え「VIO脱毛」を始めるアラフォー、アラフィフ世代が増えています。
「30年先か40年先かわからないのに、今から慌てて将来の介護に備えて脱毛なんて...」と感じた方もいることでしょう。
しかし、この「将来の介護を見据えたVIO脱毛」はむしろアラフォー、アラフィフ世代の今の皆様だからこそ行える時期の脱毛なのです。

アラフォー・アラフィフ世代はVIO光脱毛を行える最後の世代

このままVIO脱毛を行わず、アンダーヘアを残した場合、そう遠くない将来、ヘアは「黒色」から「白色」に変わってしまう年代に突入します。個人差により若干年代にバラつきはありますが、現実的に避けられない事です。
現在普及している脱毛サロンの脱毛方法は、「光脱毛=IPL脱毛」という方法が主流となっており、脱毛機械を毛周期に合わせた2ヵ月に1回程度のペースで照射をしていくものです。
この光脱毛は、基本的に「黒いもののみ」に反応する仕組み。
つまり、脱毛機は「白髪」には全く反応をしない為、物理的にこのまま皆様のアンダーヘアーを手入れせずに、伸ばした状態で年齢を重ね、将来VIOの脱毛を考えた際、アンダーヘアーの白髪が進行した状態の場合、光脱毛施術が行えなくなるのです。

また光脱毛の結果、ホルモンバランスにかなりの影響を受けるため、あまり加齢が進んでからだと、施術を受けてもその効果が正しく出ないようになっています。
つまり結論からいうと、「将来の介護を見据えたVIO脱毛」で正しく効果が出せるのはアラフィフ世代の方までなのです。

「ニードル脱毛」なら白髪のVIOでも施術OK、でも難点だらけ

かつてエステで主流だった「ニードル脱毛」は、今現在でもごく一部のエステサロンでもそのまま継続してメニューに加えているサロンも存在しており、このニードル脱毛方法であれば、白髪になってしまったアンダーヘアーの脱毛施術自体は物理的に可能です。
しかし、ニードル脱毛はその施術がとてつもない激痛を伴い、費用も施術時間も光脱毛に比べると数十倍かかってしまいます。
現在主流の光脱毛は、施術方法も非常に簡単でVIO脱毛の施術時間は早いところでたった30分で終了するスピーディーな施術で、料金も昔に比べるとかなり安価になりました。
つまり総合的なメリットを考えて、脱毛プロの筆者からもやはりVIO脱毛は光脱毛法で行うことを強くオススメします。

まとめ

いかがでしたか?
今回はかなり真面目な将来を見据えたVIO脱毛について解説しました。
まずは気軽にカウンセリングを受けて見られてはいかがでしょうか?

ページトップへ戻る