2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

全身脱毛の時のシェービングはどのようにしたらいいの?

意外と面倒な全身脱毛前のシェービング。剃り残しがあるとペナルティになることも!

全身脱毛をサロンで受ける時は、ムダ毛が伸びた状態ではなく事前に自宅などでシェービングをしていかなければなりません。
しかしそのシェービングには色々と注意点があり、知らずに施術を受けてしまうと、追加料金を取られるなど損をしてしまうこともあるのです。
そうならないために、シェービングについて事前にしっかりと頭に入れておく必要があります。
今回は「全身脱毛の時のシェービング」について詳しく説明しますので、全身脱毛に通っている人、または通うことを検討している人は一度確認をしてみて下さいね。

全身脱毛を受ける前はシェービングが必要

全身脱毛前のシェービングが必要かどうかはサロンによって違いますが、ほとんどのサロンは事前処理が必須になっています。
理由は、全身のシェービングをサロンで行うと1人当たりの施術時間が伸びてしまい、1日に施術できる人数が少なくなってしまうからです。
もし全身脱毛の当日にシェービングを忘れたり、剃り残しがある状態で来店すると、シェービング代として追加料金が必要になったり、さらに最悪の場合は、その日の施術を断られてしまうことも。
どちらにしても効率良く脱毛を受けられないので、シェービングは忘れずに、そして剃り残しがないようにしっかりとしておきましょう。

全身脱毛の前にシェービングを忘れるとどうなる?

先ほども少し説明をしましたが、脱毛当日にシェービングを忘れると、ペナルティが発生するサロンも少なくないため、全身脱毛に通っている人はその都度注意が必要です。

具体的なペナルティには何がある?

シェービングを忘れることで発生するペナルティは、具体的に下記のようなものがあります。

•シェービング代が別途必要になる
•当日の施術を断られ、予約を変更しなければならない
•当日の施術がNGの上、1回分消費したことになる
•その場で処理をしなければならず、施術時間がいつもより伸びる

シェービング代を支払うのも思わぬ出費ですし、予約を変更するとなると、毛周期が狂ってしまう可能性もあります。
脱毛していないのに1回分消化されてしまうと、1万円前後も損することになってしまいますから、絶対に避けたい項目ですよね。
これらのペナルティはサロンによって異なります。契約前に必ず説明されると思いますが、念のため予約を入れた時点で再度確認をしておきましょう。

シェービングを忘れないようにするには?

シェービングは施術当日の前日か2~3日前に行わなければなりません。しかしサロンによっては2ヶ月に1度の来店で良い場合もあるので、期間が空くとどうしても忘れやすくなってしまいますよね。
期間が空いてもシェービングを忘れないようにするためには、全身脱毛の予約を入れたらすぐにシェービングの予定も手帳やスマホのメモに書き込んでおくことです。アプリのリマインダー機能を使うのもいいでしょう。
もし背中などを友達に手伝ってもらう人は、予約を入れたらすぐに友達にお願いをするクセをつけましょう。予約を入れただけにしておくと、当日まですっかりシェービングを忘れていた、なんて事態を招き兼ねません。

手の届かない部位のシェービングはどうしたらいい?

全身脱毛前にシェービングが必要とはいっても、背中やうなじなど自分では処理しにくい部位もありますよね。友達や家族に手伝ってもらえれば良いですが、そうできない人は毎回どうしているうのでしょうか。
自分ではやりにくい部位には、

•背中
•うなじ
•お尻
•Iライン
•Oライン

などがあります。
ただし、これらの部位は、サロンによってはサービスで処理してくれる場合もあるので事前に確認をしておきましょう。
また、VIO部位については、全てツルツルにしたくない人もいるはずです。
その人は残したい部分以外のVIO部位を処理しておき、施術時に「この形にしたいです」と伝えれば希望の形にしてくれます。
サービスでシェービングをやってくれるお店でも、どこをどこまで脱毛したいかを伝えておくと、そのようにシェービングをしてくれるので安心です。
たいていの場合はスタッフの方から事前にVIO部位の確認を受けるはずですが、もしされなくてもこのように対処しておけば問題ありません。

全身脱毛前のシェービングで注意すべき点は?

全身脱毛前のシェービングは、普段のムダ毛処理とは違って注意すべき点がいくつかあります。これを知らないと、施術に支障が出たり、脱毛後に肌トラブルが起こる可能性もありますので事前に知っておきましょう。

剃り残しレベルでもシェービング代が必要なことも

自分で処理をするとなると、どうしても剃り残しが出やすくなってしまいますよね。背中のように全く見えないわけではありませんが、腕や太ももなどは死角があるため、自分では完璧のつもりが少しだけ残っていたなんてこともよくあります。
しかしいくら剃り残しレベルでも、少しでもムダ毛が残っていればシェービング代が必要になるサロンもあります。そうなると剃り残しがある度に追加料金が必要になるので、トータルの脱毛費用がどんどん増えてしまいます。
自分で剃り残しがないようしっかり処理するのが難しい人は、家族や友人に手伝ってもらうのがおすすめです。

シェービングは電気シェーバーで行う

全身脱毛前の自己処理は、

•カミソリ
•毛抜き
•除毛クリーム
•ブラジリアンワックス

これらを使うことは禁止されています。
それは、毛周期が狂ってしまったり、肌へのダメージが強いので施術後の肌トラブルが出やすいからです。
そのため、脱毛前の処理は電気シェーバーを推奨しているサロンがほとんど。「電気シェーバーもカミソリも同じなのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、肌へのダメージに関しては全く違います。
カミソリは肌に直接当てるものなので、うっすらですが皮膚まで一緒に剃ってしまうのです。しかし電気シェーバーなら、ムダ毛のみをカットできる構造になっているため、肌へのダメージを最小限に抑えられます。

赤みが出やすい人は1、2日前に処理する

電気シェーバーを使っても赤みが出やすい敏感肌の人は、施術の前日ではなく1、2日前に処理をしておきましょう。
赤みが残ったままだと施術後の肌トラブルが出やすいだけでなく、最悪の場合はその日の施術ができないこともあります。
数日前に済ませておけば当日には赤みが引くことがほとんどなので、敏感肌の人は参考にしてみて下さいね。

全身脱毛前のシェービング込のサロンがオススメ

ここまで読んで、「全身脱毛前のシェービングってなんだか面倒…」と感じた人もいるはずです。
わざわざ電気シェーバーを購入して、さらに剃り残しをゼロにしようと思うと、お金も時間もかかってしまいますからね。
全身脱毛前のシェービングを楽にする方法は、初めから全身脱毛のコースにシェービングが含まれているサロンを選ぶことです。これなら契約時の時の金額から追加になることはありませんし、いちいち剃り残しを心配する必要もありません。

ちなみに、毎回シェービングサービスを追加で支払っていくより、込みのプランを契約した方がトータルで安くなるサロンもあります。例えば下記の2つのサロンで比較してみましょう。

キレイモ→月額9,500円+シェービング代1,000円/回=10,500円


銀座カラー→月額9,600円(シェービング代込み)


この2つのサロンを比べると、銀座カラーの方が毎月900円安くなり、2か月に1回通った場合、年間5400円も差が出てきます。
キレイモのシェービング代は安い方で、高いお店だと3,000円かかることもあります。シェービングを楽にしたい、不安があるという人は、初めからシェービング代込みのプランを契約するのをおすすめします。

まとめ

サロンでの全身脱毛は毎回自己処理をするよりはだんぜん楽な方法ですが、実は施術前の自己処理が面倒なため、シェービング代込みのプランを選択するのをおすすめします。
一番お得なプランを選んで、賢く脱毛をしていきましょう。

ページトップへ戻る