2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

全身脱毛の所要時間はどのぐらい? 元脱毛サロン店長が教えます!

全身施術にかかる所要時間はサロンによっても違うんです。

全身脱毛を検討している方にとって、気になることの1つが「全身脱毛の施術時間」ではないでしょうか。
最近のネットの情報によると、各サロンによって全身脱毛の所要時間は書いていることがマチマチで、いったいどれが本当の情報で、実際のところはどれぐらい時間がかかるのかが知りたいところですよね。
そこで今回は、全身脱毛の所要時間について解説します。

全身脱毛の1回の平均所要時間は90~120分

まず、「全身脱毛」1回の施術を正しく行った場合、施術の平均的な所要時間はどのぐらいでしょうか?
筆者が元責任者をつとめていた、当時の脱毛サロンの例をあげると全身脱毛1回の所要時間は当時、120分~150分でした。 この30分の差はいったい何かというと、ズバリお客様の体の大きさの差です。
当然ですが、脱毛施術は機械で1か所1か所、その方のお体にあてて施術をしますので、1回に照射する面が限られます。
背が低く、華奢な方でしたら、120分もかからないこともありました。
しかし、背が高く、かつ横幅もある大柄な方の場合、同じ全身脱毛でも下手すると150分またはそれ以上の所要時間がかかってしまうことがあるのです。
ちなみに当時筆者のサロンで使っていた機械は、某全国展開の大手脱毛サロンで使用されているものと全く同じもので、脱毛機械の処理速度も平均的なレベルのものです。
最近では機器がさらに新しくなり、さらに時間が短縮され、一度に全身を行った場合、90~120分程度が一般的です。それでもこのように体の大きさによって所要時間が変わってくるという点はご理解ください。

全身脱毛所要時間 サロン情報によってバラつきがある理由は?

全身脱毛の所要時間の情報に極端にばらつきがある理由は、以下2点に集約されます。

1.サロン公式HPの全身脱毛の方法に記載はないが、単に1回の全身脱毛の施術を半分、または4分の1に施術部位を分けているため、施術時間の記載が違う
2.使用機械が違うため、全身脱毛施術スピードが異なる

最近の大手脱毛チェーンのサロン様もこの点に関しては、各サロンによって方針が分かれており、お客様が1回来店される毎に、

・1回で全身すべて施術してしまうサロン
・1回で、全身の半分、または4分の1ずつ施術をするサロン

があります。
その為、全身脱毛の所要時間の記載が、60分、90分という具合に異なるのです。
施術部位を分けて行うという方針は、お客様にとってはメリットとデメリット、両方の点があります。それぞれケース別にご説明します。

1回の来店で施術部位を分けて行うメリット

1回の来店に施術部位を分けて行うメリットですが、この場合多いケースとしては、全身脱毛を上半身と下半身、2回の来店で行うパターンです。
お客様へのメリットとしては、ざっくり以下です。

裸でいる時間が短い

施術時間が短いことで、ダントツのメリットはこれです。
脱毛の施術はサロンが使う工程により冷たいタオルで冷却されたりなど、何かと寒い思いがつきまといます。裸でいる時間が長いとそれだけ寒い思いをする時間も長いということです。

施術による疲れも半分

脱毛の施術は体にある程度負担がかかり、施術をされているお客様もある程度「疲労」も伴います。
長時間寝そべっているとそれだけ疲れも倍増しますから、施術時間が短いとそれだけ体の疲労も短くて済みます。

予約枠が入りやすくなる

サロンのベッドの数は限られていますので、サロンの1日に取れる予約枠には当然限りがあります。
全身を2時間、3時間かかって施術をするところはそれだけ1つのベッドを占領されている時間が長いため、当然予約も入れにくくなります。
1回にかける施術時間が短いと他の方の予約枠も短いため、上半身だけでも1回の施術枠は取りやすくなります。

1回の来店に施術部位を分けて行うデメリット

では、施術部位を分けて行うパターンのデメリットをみてみましょう。

全身脱毛1回を行うのに2回、4回と来店しなくてはならない

お客様の最大のデメリットはこの点です。
全身1回の施術をするのに2回来店する=交通費も倍、自分の予定を割かなければいけない時間も倍、ということになります。
ネットでの情報や契約時のカウンセリングでのお話しでは、正直この苦労と手間はわかりません。実際にやっておられる方のみが、この労力の大変さに気がつきます。

施術効果にバラつきがでる可能性があがる

1回の全身脱毛に対し、施術回数を分けるということは、「予約時期がバラつく」という意味です。
例えばですが、上半身と下半身を2回に分ける場合、3月の来店時、上半身、4月の来店時に下半身とひと月毎に予約を取ることになりますが、仮に3月上半身の予約、来店がその通りにいったとしても4月が生理で予約日に来れなかった場合、4月時点で他の日の予約がなかなか取れなかった場合、下半身を5月に来店しなければならない、などの事態になります。
そうすると、本来上半身の次の施術を行う予定がもう5月なので、この時に下半身を行う羽目になりますので、施術期間がどんどん後手後手にズレてきますよね。
また、毛周期も計算しにくいため、施術の効果も1回で行う場合に比べると部位によってバラつきがでる可能性も上がります。
日中の昼間などに時間を空けられることが多い方のみに向いている方法と言えるでしょう。

使用機械が違うため、全身脱毛施術スピードが異なる

この問題はサロンの体質の根本的な問題になります。
肝心な機械の処理速度が遅いと施術時間が長引きますし、早いと施術時間もぱっぱと終わります。
一番お客様に良い方法としては、1回の来店で全身すべてまるごと施術ができて、かつ早く施術時間が早く終わ
る方法です。

全身脱毛の施術所要時間の短縮をいち早く実現しているサロンは?

大手脱毛サロンもこのデメリット部分の解決方法に向けて、日々尽力しています。
そしていち早くこの問題を解決したのが、銀座カラーです。
銀座カラーは、2~3年ほど前に全店の機械をほぼ入れ替え、最新の処理スピードで脱毛が行える機械に変更して以来、1回の全身脱毛所要時間が平均60分ですべて完結するようになりました。



2018年2月現在、全身すべてで60分という施術時間の速さは業界最速でしょう。その驚異的な速さで完結する銀座カラーの全身脱毛は試す価値はありそうですね。
所要時間の早さは、お客様への配慮の証拠です。極力早く終わらせ、来店回数も少なく確実に結果を出すサロンこそ「誠実な」対応ができるサロンといえるでしょう。

ページトップへ戻る