2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング
2018年最新全身脱毛ランキング

VIO脱毛(ハイジニーナ)する前に知っておきたい注意点とは?

アンダーヘアがないのが今の20代の常識になりつつある

VIO脱毛が最近流行していて、若いオシャレな女の子の間ではもはや処理していることが当たり前になってきていること、知っていますか?
以前は、処理するのは海外の女性だけで、アンダーヘアがないなんて、恥ずかしい!という意見が主流でしたが、見栄えはもちろんのこと、衛生的にもVIOの部分の毛は無い方が良いんです。
でも、いざVIOの脱毛を決意しても、
「脱毛サロンがたくさんあって、どこのサロンが良いか分からない」
「毛が太い部分だから、すごく痛そうで怖い」
と悩んでしまいますよね。
私自身、VIO脱毛を決意してから実際に施術開始するまで、サロン選びに3ヶ月くらい時間がかかりました。
施術を開始するまで、いろんな疑問や不安が出てきますよね。
今回はそんな方に、VIO脱毛をする前に知っておきたい注意点をお伝えしたいと思います!!

VIO脱毛の痛みは個人差が大きい!?

知っておきたいことの1つとして、脱毛時の痛みがあります。VIOは他の部分の体の毛に比べて、毛が太く密度も濃いですよね。
脱毛の際は、主に「IPL」「SSC」脱毛と呼ばれる方法で脱毛を行います。
これらは簡単に言うと、光を毛乳頭と呼ばれるの毛の根っこの部分に当て、毛根を破壊することで、毛が生えて来なくさせるという方法です。
毛根を破壊するためには、強い光のエネルギーが必要となりますので、痛みを感じるのです。

ただ、この痛みの感じ方には個人差がかなりあります。すごく痛くて光の出力を弱くしてもらったという方がいる一方で、全然痛くなかったという方も多く存在します。
中には脱毛経験者のYさんのように回数を重ね、毛が薄くなったことで痛みが軽くなり、施術中に寝てしまう方も!
(体験者Yさんの場合)
Yさん:大体の部位は痛くないので施術中は寝れますね(笑)VIOは痛いけど、すでに5回とかやっていてだいぶ薄くなっているので、全然痛くないです。何も感じないからあげてもらってます。


肌が黒い人のほうが痛みを感じやすい?

理由は定かではありませんが、皮膚の色も関係しているようです。というのも、脱毛時に当てる光はメラニン色素に反応するからです。
そのため、日焼け後のお肌には照射出来ないようになっているのですが、火傷のリスクもあるからなんです。

色素沈着している部位は痛みを感じやすい

また、デリケートゾーンは、下着の擦れなどで色素が沈着しやすい場所。肌の色が濃い方は、ダメージを受けやすく痛みが強く感じられるのかもしれません。

でもご安心下さい!
不安な方は、カウンセリング時や初回の施術の際に相談し、弱い出力で行なってもらうことができます。
また、医療機関での脱毛より、サロンの方が痛みが弱いという方の意見を多く聞くので、痛みに弱い方はサロンをオススメ致します。

毛周期と脱毛回数を正しく理解しよう

効率良く脱毛を行うためには、毛周期が大きく関係してきます。毛周期とは、毛が生え変わるサイクルのことです。基本的には、4つの周期があります。

「成長初期」

皮膚の下で育っていた毛が外に出てきて、これから毛が伸びていくという状態のことです。

「成長期」

一番元気が良い、太く長く伸びた状態です。

「退行期」

毛が毛根から少しずつ離れていく時のことを言います。毛は、生えていますが、毛根から栄養が送られなくなり、成長出来なくなった状態です。

「休止期」

毛が抜け落ち毛根が空っぽになり、次の毛が毛根の中に発生するまでの間のことです。
この4つのサイクルを毛根1つ1つで行なっています。毛根に発毛因子が発生しなくなるまで、永遠にこれを繰り返すのです。毛根の寿命には、個人差があります。

また、体の部分によっても成長速度は違います。
VIOの毛は、成長期が1年程、そしてまた毛が生えてくるまでも1年程かかると言われています。脱毛を完了するには時間のかかる部位なのです。
また、実は光脱毛は成長期の毛にしか効果がありません。これは、レーザーの光がメラニン色素に反応し毛根の中にある毛の根っこを破壊するためです。
成長期と呼ばれる毛は、体全体の約20%〜30%と言われています。そのため、1回や2回の脱毛ではツルツルになれないのです。

医療機関なら6回〜8回
脱毛サロンなら12回〜18回

程度かかると考えておきましょう。
はじめのうちは2〜3ヶ月に1度脱毛に通い、毛が少なくなってきたらもう少し期間を置いて、毛が生え揃ってきてから次の脱毛の予約を入れるようにすると、効率良く脱毛出来ます。

VIOのデザインは自分で決められる!

VIOの脱毛をする前に、皆さん悩むポイントがもう1つあります。それは、Vラインの照射範囲について。
Vラインを全てツルツルにするのに抵抗がある人も多いようですが、最初の数回は全照射することをオススメします。
というのも、脱毛後に生えてくる毛は脱毛前に比べると、細く柔らかくなるからです!
また、間引きされるので、密度も薄くなります。その方が、元々毛が薄い人のような自然な仕上がりになります。
それでも、Vラインの毛はあまり手を加えたくない方はもちろん毛を残しておくことは可能です。
また、数回の全照射の後、どのようにVラインの毛を残すか悩まれる方もいると思いますが、全ては自分でカスタマイズ出来るのです。
日本人女性に人気のデザインとしては、

1逆三角形
2ノリのような長方形
3卵型
が主流のようです。
海外では、ハート形に毛を残すという強者もいるそうですが、ほとんどの人はハイジニーと呼ばれる、無毛のツルツル状態にしています。
最近では日本でも、ハイジニーナスタイルにする人も増えているようです。
自分の希望の形がある人は、その形に毛を残して脱毛に行くのもありですし、施術担当者に伝えてみましょう!

VIOの毛がなくなると人生も変わる!?

デリケートゾーンを人に見られるのって恥ずかしい!と思ってしまいますよね。
でも心配要りません。サロンの方は毎日何人も施術しています。また、室内もしっかりと隣の人が見えないように配慮してくれています!
施術時には紙パンツやガウンを用意されているので、デリケートゾーンが丸見えになるなんてこともありません。
VIOの毛が無くなることは、想像以上に快適です。
可愛い下着や水着を身につけられるし、生理の時に蒸れることもありません。
案ずるより産むが易し。注意点を踏まえ、VIO脱毛して快適ライフを送りましょう!

ページトップへ戻る